1660年 18世紀 4P 5 Planes Model 6次の隔たり AIDMA AISAS Amazon art Book BSC CGM CM CMS Contextual Inquiry COVA CSR CSV design DMAIC DNA EGM etsy Facebook feedpath FIREFOX拡張機能 google GPS HCD HCDプロセス HCI Heller’s Cafe HII Hmmmmm Human-Information Interaction I/O IA IDEO iPhone ipod touch ISO13407 ISO9241-11 KJ法 KY lifehacks LOHAS microformats mixi music OJT P2P PDCA PR QFD R&D RSS RSSリーダー SBM science SEO SIPOC smo SNS SWOT分析 TNGS TV twitter Tシャツ UCD UI UIデザイン UML User Centered Design VOC WAREHOUSE web Web2.0 webサイト WEBサイト構築 Webサイト設計 Webデザイン Webブランディング Webマスター Webマーケティング Web標準の日々 Wisdom of Crowds ありがとう いき いせ辰 おもしろい おもてなし くせ こだわり ことば ざるかぶり犬 しきり しくみ しながわ水族館 せめこれ つつじ つながり はかなさ はてな はてブ ひらがな ひらめき ふすま ふつう へうげもの べき乗則 ほめる もてなし ものつくり ものづくり もやい工藝 もやしもん やりたいこと やり方 わかりやすさ わかる わたし アイコン アイデア アイデンティティ アイトラッキング アウトソーシング アウトプット アウトプットボキャブラリ アキッレ・カスティリオーニ アクセシビリティ アクセスアップ アクセスログ アクセスログ解析 アクセス数 アジア アナログ アナロジー アニミズム アビ・ヴァールブルク アピール アフィニティマッピング アフィリエイト アフォーダンス アブダクション アラン・クーパー アリストテレス アルチンボルド アルドロヴァンディ アンケート アンチ・ディシプリナリー アントニーとクレオパトラ アントレプレナー アンフォーカスグループ アーカイブ アーティファクト アート アートプロジェクト イエイツ イコノロジー イデア イノベーション イメージ インサイト インセンティブ インタビュー インタラクション インタラクションデザイン インタラクション・デザイン インタラクション・デザイン インタラクティブ インタラクティブ・システム インターナル・マーケティング インターネット インターフェイス インテグレーション インテリジェンス イントラブログ インフォグラフィックス インプット ウィトゲンシュタイン ウィリアム・モリス ウェブ進化論 エクスペリエンス エクスペリエンスデザイン エクスペリエンス・デザイン エコノフィジックス エシレ エジプトのミイラ エスノグラファー エスノグラフィ エスノグラフィー エスノメソドロジー エッシャー エモーショナル・デザイン エレクトロニカ エロティシズム オウィディウス オセロー オタク オブザベーション オブザーベーション オラリティー オリジナリティ オルタナティブ オルフェウス オーダーメード オープンイノベーション オープンソース オープン・イノベーション オープン・サービス・イノベーション オープン・リーダーシップ オープン系 カオス カスタマイズ カスティリオーニ カテゴライズ カドリー・ドミニオン カブーム カムイ伝 カードソート カーナビ カーニバル ガリレオ・ガリレイ キッチン キャパシティ キルヒャー ギルド ギーク クオリア クオリティ クックパッド クラウス・クリッペンドルフ クラウド クラーナハ クリエイティビティ クリエイティブ クリエイティブコモンズ クリエイティブ・クラス クリエイティブ・コモンズ クローズドループシステム グラウンデッド・セオリー・アプローチ グラフィック・ツール グラフィック思考 グランドデザイン グループワーク グロテスク グーグル ケプラー ゲシュタルト崩壊 ゲノム ゲーテ ゲーム コア・プロセス コスト コプロシステム コミュニケーション コミュニケーション・スキーム コミュニケーション力 コミュニティ コミュニティデザイン コラボレーション コラボ消費 コンサルティング コンセプト コンテキスチュアル・インクワイアリー コンテキスト コンテンツ コンバージョン率 コンピュータ コンプライアンス コ・ワーキング コーディネイト ゴシック建築 ゴローズ ゴールダイレクテッドデザイン サイエンス サイト サイト設計 サイン サステナビリティ サンダース サン・テティエンヌ大聖堂 サン=レミ大聖堂 サービス サービスデザイン サービス品質 サービス業 サーフェス シェア シェアハウス シェイクスピア シェークスピア システム システムの科学 システム設計 シチュエーション シックスσ シックスシグマ シナリオ シミュレーション シャッフルディスカッション シャンパーニュ ショーケース ショールーム ジョン・ラスキン スキル スキルアップ スキーマ スケールフリーネットワーク スタイリング スタートアップ ストーリー スピード スピードアップ スモールワールドネットワーク セオドア・レビット セグメンテーション セマンティック セレンディピティ センス ソシュール ソットサス ソネット ソフトウェア ソーシャル ソーシャルイノベーション ソーシャルメディア タイモン・スクリーチ タギング タクソノミー タッチポイント タピスリー タンジブルビッツ タンジブル・シンキング ターゲット ターゲティング ダンス ダーウィン チェンジメーカー チャールズ・サンダース・パース チャールズ・パース チームワーク ツリー構造 テキスト テクスト テクノロジー テレビCM崩壊 テンプレート テーブル テーブルランナー デカルト デザイナー デザイン デザイン​思考 デザインの方法 デザインチーム デザインプロセス デザインリサーチ デザイン史 デザイン思考 デザイン思考の仕事術 デザイン戦略 デザイン教育 デザイン環境 デザイン・プロセス デジタル デブサミ デリック・ドゥ・ケルコフ デ・マーケティング トキメキ トマス・アクィナス トレーニング ドゥルーズ ドナルド・A・ノーマン ドナルド・A・ノーマン ドラッカー ドーキンス ナチュラル・ヒストリー ナビゲーション ニッチ ニーズ ニーチェ ネタ ネットワーク ネットワーク構造 ネットワーク科学 ネット視聴率 ノマド ノヴァーリス ノートルダム大聖堂 ハイジ ハウツー ハンス・コパー ハードウェア バイタリティ バウハウス バカボンド バズワード バタイユ バランススコアカード バランストスコアカード バランス・スコアカード バリューチェーン バロック バーバラ・M・スタフォード バーバラ・スタフォード パウル・クレー パターン パターン化 パターン認識 パトス パラダイム パリ パレートの法則 パン切り台 パース パーソナライズ パーソナル・ブランディング ヒアリング ヒエログリフ ヒト ヒューリスティック評価 ビジネス ビジネスデザイン ビジュアルデザイン ビジュアル・シンキング ピクチャレスク ピダハン ピナ・バウシュ ピューリタン ファインダビリティ ファウスト ファウンド・オブジェクト ファッション ファンタジア フィッシュボーン フィードバック フィールドノート フィールドワーク フジタ礼拝堂 フランク・ロイド・ライト フリー・カルチャー フレーム フレームワーク ブックデザイン ブックマークレット ブランディング ブランド ブランドイメージ ブランド認知 ブランド連想 ブルーノ・ムナーリ ブレインストーミング ブロガー ブロガーズ・ネットワーク ブログ ブログ・ネットワーク ブログ検索 ブーツ プラグマティズム プラトン プロクセミックス プロジェクト プロジェクトマネジメント プロジェクト定義 プロセス プロセスデザイン プロセスマップ プロセスマネジメント プロセス重視 プロダクトデザイン プロデュース プロトタイピング プロトタイプ ベキ分布 ベネフィット ベーコン ペルソナ ペルソナ/シナリオ ペンローズ ページタイトル ペーパープロトタイピング ペーパープロトタイプ ホイジンガ ホットエントリー ホワイツ ボキャブラリ ボックの砲台 ポジショニング ポニョ ポンピドゥー・センター・メス マインドシェア マインドマップ マクルーハン マス・コラボレーション マス・プロダクション マナイズム マニエリスム マネジメント マリオ・プラーツ マレビト マンガ マンテーニャ マーケター マーケティング マーケティング2.0 マーケティング・コミュニケーション ミッション ミュージアム ミラーニューロン ムナーリ メタデータ メタファ メタ情報 メタ認知 メディア メディア論 メンタルモデル モジュール モダン モダンデザイン モデリング モノづくり モーツァルト ユニバーサルデザイン ユニバーサル・デザイン ユビキタス ユーザビリティ ユーザビリティテスト ユーザビリティ・エンジニアリング ユーザビリティ・テスト ユーザーインタビュー ユーザーインターフェイス ユーザーエクスペリエンス ユーザーテスト ユーザーニーズ ユーザー中心 ユーザー中心のデザイン ユーザー中心デザイン ユーザー中心設計 ユーザー像 ユーザー分析 ユーザー理解 ユーザー行動 ユーザー行動調査 ユーザー要求 ユーザー調査 ユーザ視点 ライティング ライバル ライフスタイル ライプニッツ ラダリング ラダーリング ラッセルモカシン ラフカディオ・ハーン ラベル ラルフ・ローレン ランキング ランス リアリズム リア王 リクワイアメント・エンジニアリング リサ・ラーソン リサーチ リスク管理 リズム リソース リテラシー リフレーミング リンク リーダー リーン・スタートアップ ルクセンブルク ルネサンス ル・クルーゼ ル・コルビュジエ ルーシー・リー レオナルド レオナルド・ダ・ヴィンチ レッドウイング レビュー レンブラント ロジック ロフトワーク ロマン主義 ロマン派 ロングテール ローカライズ ワークシフト ワークショップ ワークスタイル ワークフロー ワークモデル ワークモデル分析 ワーク・シフト ヴァールブルク ヴィジョン ヴィンテージ ヴンダーカンマー 一体感 一期一会 一流 一般教養 万葉集 三項論理 上司 上流工程 下剋上 下鴨神社 不安 不満 不確実性 不祥事 世界 世阿弥 中世 中世史 中小企業 中沢新一 中間地点 丸善 主観/客観 予測 事例 事業 事業戦略 二次的理解 五蘊 交易 京かのこ 京都 人事 人工 人工物 人工物の科学 人材 人材教育 人材育成 人間中心 人間中心のデザイン 人間中心デザイン 人間中心設計 人間中心設計プロセス 人間工学 人類学 人類学者 仏教 仕事 仕事の定義 仕事術 仕組み 他力本願 仮想現実 仮設 仮設文化 仮説 企業 企業サイト 企業文化 企業経営 企画 企画の方法 企画力 企画設計 会話 会議 伝統文化 住まい 佐々木正人 佐治晴夫 体験 体験デザイン 作業空間 作法 使用語彙 価値 価値基準 価値観 価格 保守的 信仰 信頼 俳句 個人 倫理 偶然 傍観者 働き方 働き方の未来 優先順位 元祖いちご豆大福 先見の明 共同作業 共感 共感呪術 共進化 内包と外延 内田繁 内藤商店 内部統制 再生 再認 写実主義 写本 写真 出力 出版 分かる 分析 分類 分類学 切り口 判断 利用 利用シーン 利用状況 利用率 利用者 利用行動 制作 制約条件 刺激 創作 創作能力 創発 創造の方法 創造力 創造性 労働 効果測定 効率 効率化 勉強 医療 匿名 匿名性 千利休 千客万来 協働作業 南部古代型染 博物学 博物誌 博物館 印刷 印刷本 印象派 危機感 原因と結果 原研哉 厳島神社 反復練習 反応 収斂現象 口コミ 口承文化 古事記 古代 古代信仰 古代史 古代日本 古代歌謡 古田織部 可能世界 可能性 可視化 台所 合理 合理性 向井周太郎 向島百花園 否定 告知 呪術 和歌 品質 哲学 商品計画研究所 商品開発 商売 問題 問題定義 問題意識 問題発見 問題解決 問題設定 啓蒙 営業力 因果関係 団扇 図像 図像学 図書館 図表 土橋寛 土鍋 地域ブランド 地域活性 地場産業 坂口安吾 型染め 型絵染 基礎インターフェイス論 基礎デザイン学 報告 境界 売上 変化 変形 変身 夏目漱石 夕焼け 外化 外部参照性 多義性 多読術 夜神楽 大学 大東窯 大角玉屋 天才 失敗 奥山清行 好き 好み 好奇心 学び 学ぶ 学問 学習 学術 安土桃山時代 宗教 定性調査 定義 定量的分析 定量調査 実名 実践 客人 室町時代 宮古島 宮大工 宮島 宮崎駿 宮本常一 家事 家政学 家族 富沢ひとし 寝殿造り 寺社 対数 対話 対象 専門分野 専門家 将来 導線 小松彩夏 小泉八雲 小鹿田焼 就職 尺度 展覧会 山ぶどうの手提げ篭 山もみじ 山水 岡本太郎 岩崎邸庭園 工芸 工藝 巧みの技 差異 巾着田 市場価値 市場理解 市場経済 市場調査 師匠と弟子 常識 平賀源内 年齢 広告 広重 座布団 庭園 建築 引き出し 引き算のデザイン 引き継ぎ 引き際 形式知 形態 後醍醐天皇 従業員 心理学 忙しい 応用力 思想 思考 思考力 思考方法 恋愛 情報 情報の構造化 情報アーキテクチャ 情報デザイン 情報リテラシー 情報分類 情報化 情報化社会 情報収集 情報学 情報接種 情報整理 情報構造 情報構造化 情報爆発 情報発信 情報社会 情報社会学 情報科学 情報設計 情報過多 情報量 想像力 意匠 意味 意味論 意味論的転回 意志 意思 意思決定 意識 愛情 愛着 感受性 感性 感性工学 感覚 感謝 慣れ 成功事例 成功要因 成長 戦略 戦略マップ 所有 手ぬぐい 手仕事 手作り 手入れ 手法 技術 技術力 技術向上 技術志向 折口信夫 抽象化 抽象的思考 拙速 持続性 捨てる勇気 提案 提案書 携帯電話 改善 教育 数奇 数学 数寄 文化 文化人類学 文化論 文字 文字文化 文学 文書 文様 文章 文脈 文脈調査法 料理 断片化 新古典主義 方法 方法日本 旅行 日報 日本 日本という方法 日本史 日本家屋 日本庭園 日本建築 日本文化 日本書紀 日本民家園 日本民藝運動 日本民藝館 日本版SOX法 日本神話 日本精神 日本美術 日本語 日記 映像コンテンツ 映画 時空 時間 時間管理 普通 普通のデザイン 普遍 普遍言語 暗黙知 暮らし 更新頻度 書く 書物 書籍 書評 曼珠沙華 月信仰 有限性 服飾デザイン 服飾デザイン 期待と現実 未来 未知 本能 杉浦康平 村田珠光 東京国際ブックフェア 東洋・日本 東洋思想 松岡正剛 柏木博 柳宗悦 柳宗理 根津神社 格差社会 梅 盆栽 梅の花 梅盆栽 棕櫚箒 棟方志功 森博嗣 検索 検索キーワード 業務 業務システム 業務プロセス 概念モデル 構造 構造主義 構造化 樂吉左衛門 標準化 標準時 模様 横書き 機織り 欲望 正しさ 歴史 毛筆 民俗学 民藝 気づき 水墨画 江戸 江戸文化 江戸時代 決定論 河井寛次郎 法則 法隆寺 洞窟壁画 流行 浄土と穢土 消費 淘汰圧 深沢直人 深澤直人 温故知新 測定 準備 漢字 炎上 無常 無文字文化 無理数 無知 無縁 焼物 熊野 熊野古道 物差し 物理学 物語 独断 独自性 王立協会 現在位置 現場 現実性 現状把握 理解 理解語彙 琳派 環世界 環境 環境形而上学 環境適応 生き方 生命 生命力 生命情報 生命記号論 生態学的認識論 生態心理学 生活 生活文化 生活様式 生活環境 生活空間 生物 生物学 生理学 生産 生産性 用の美 用途 田中優子 田中純 申楽 異形 疑問 発想 発想力 発想法 発想術 発見 発達 発達心理生物学 白川郷 白川静 白洲次郎 白洲正子 盆栽 監視 目利き 目標 目的 直観 相互作用 相対性理論 相対論 真似 真実の瞬間 眼の力 知性 知覚 知識 研究 磁器 社会学 社会環境 祝祭 神学大全 神社 神話 私利私欲 私的言語 秋草 科学 稽古 空海 空間デザイン 立体視 競争 競争優位性 競争戦略 笑い 管理 精神的強さ 紅葉 紋切り型 素材 累積淘汰 組織 経営 経営学 経営戦略 経営者 経師 経済 経済史 経済学 経済文化 経済物理学 経験 経験する 経験価値 経験値 結合術 統計 統計的手法 絵画 継続性 継続的改善 網野善彦 編集 編集者 練習 縦書き 羊山公園 美的センス 美術 美術史 美術展 考える 聖徳太子 職人 職場 職能 肯定 育成 能力 脈絡 脳科学 自分づくり 自分を知る 自己 自己主張 自己組織化 自己認識 自然 自然主義 自然淘汰 自由 自由学園明日館 自由意志 般若心経 良寛 色即是空 芝居小屋 芝桜 花粉の運び手 花鳥風月 芸能 芸能史 芸術 芹沢銈介 苦情対応 苦手克服 英国式庭園 茂木健一郎 茶の湯 茶会 茶室 茶碗 茶道 荒魂 華厳 著作権 蒐集 蓄積 薬師寺 藍染め 藤原氏 行動 行動シナリオ 行動分析 行動力 行動経済学 行動観察 街づくり 衣服 表具師 表現 表現の動機 表現力 表記 装飾 装飾性 複雑系 西垣通 西岡常一 西村佳哲 西洋家具 要件定義 要求 要求定義 要求開発 要約 見る 見る目 見極め 見立て 規格化 視覚 視覚化 視覚文化 視覚芸術 視覚表現 視覚表現技術 視覚要素 視野 親和図 観察 観察力 観念 観念史 解決 解決法 解釈 言い訳 言葉 言語 言語ゲーム 言語学 言論統制 言霊 計画 計算不可能性 訓練 記号 記号体系 記号学 記号論 記憶 記憶術 記述 記録 設計情報 評価 評価グリッド法 評価指標 詩人 詩経 話しことば 誇張 認知 認知プロセス 認知心理学 認知的ウォークスルー 認知科学 認識 語学力 語彙 説明 読む 読書 読者 読解力 調査 論理 論語 諸行無常 講演 議事録 議論 象徴 象徴主義 象徴性 責任 費用対効果 資産管理 質問 質問する力 質問力 質的調査 超ひも理論 距離感覚 身体 身体性 身体知 近世 近代 近代化 退職 連続性 進化心理学 進化論 遊び 遊女 遊郭 運命 運用 過去の経験 過去ログ 過去記事 道元 道具 遠近法 遺伝子 還元主義 郷土玩具 都会 都市 都市社会 野菜 量子力学 量子重量理論 金唐革 金唐革紙 鉄道 銀閣寺 錯視 鎌倉 鏡像段階 鑑賞 長期戦略 長谷川等伯 閉経 間違い 関係性 阿蘇 阿部雅世 限界 陶器 陶磁器 陶芸 階層構造 集合知 雪舟 電子書籍 需要と供給 震災 青い花 青山二郎 非知 非線形 音楽 音連れ 領域横断 頻度 類似性 顧客の声 顧客セグメント 顧客ニーズ 顧客志向 顧客満足 顧客理解 顧客経験 顧客要求 顧客視点 飛騨高山 食器 食文化 食糧自給率 飾り 養老孟司 驚異 骨董 高千穂 高山宏 高橋吾郎 高橋尚子 T型人間 T字型人間 アフォーダンス ギブソン バイタリティ ファッション

2009-11-08:松丸本舗

遅れ馳せながら、10月23日に丸の内オアゾの丸善4Fにオープンした松丸本舗に行ってきました。 これ、入り口の前にあったポスターですけど、句読点を拡大したピクトグラム風の絵柄は僕の好みでした。

続きを読む

多読術/松岡正剛

これはおもしろかった。すごくおもしろかった。 あとで詳しく書きますが「本はノートである」ですよ。服をコーディネートするように本もコーディネートするですよ。これはおもしろい。 『多読術』というタイトルですが、これは多読に関する本ではないと思います。 それどころか、読書に関する本として読む必要さえないと思います。 何か未知のものに触れるときの方法のひとつだという風にも読める。僕はそういう風に読みました。 読書は「わからないから読む」。それに尽きます。 本は「わかったつもり」で読まないほうがゼッタイにいい。 松岡正剛『多読術』 読書は旅のようなもので、「無知から未知への旅」と松岡さんはいいます。 無知からというのは当然として、その先にあるのが単なる知ではなく、未知であるところがいい。 僕も「デザインする人に必要な能力は?」で「知識があるから疑問をもつことができるのです。知識はわかるために必要なのではなく、わからないことを発見するために必要なのです」と書きましたが、知というのは未知へと向かっていくのが本当だと思います。「わかったつもり」になると、それが止まる。未知への旅を続けるのが不安だから、つい適当な場所で安住してしまう。 でも、そんな素振りは松岡さんからはまったく見られない。読んでいて気持よくなる一冊です。

続きを読む

松岡正剛さんの「連塾」の動画

前に紹介した松岡正剛さんの『連塾・方法日本1 神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く』という本。 今日、出版社の方から教えていただきましたが、こちらのサイトでこの本の元になった「連塾」の模様が一部動画でみられます。 シリーズ「連塾…方法日本」:『神仏たちの秘密』特集ページ|春秋社 http://www.shunjusha.co.jp/renjuku/index.html ごく短く編集された映像ですが、「連塾」の雰囲気がわかってよいです。 まだ読んでらっしゃらない方も、すでに読まれた方も、ご覧になられては。 この1冊目が非常におもしろかったので、早く2冊目以降が発売されるのを楽しみにしています。 関連エントリー 松岡正剛さんの本に関するブックリスト連塾・方法日本1 神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く/松岡正剛

続きを読む

松岡正剛さんの本に関するブックリスト

松岡正剛さんの本も結構な数を読んできたので、このあたりで一度まとめてみてもいいかなと思ったのでさっそく。 現時点で読んだのが今日紹介する14冊。 P.S. 「編集工学」に、多読術を追加。15冊に(2009-04-16) とりあえずこの14冊をブックリストとしてまとめておきますが、松岡さんの本のよいところは、それ自体が様々な本への扉を開いてくれるブックリストとしても機能する点だと感じます。 僕自身、松岡さんの本を読んで興味をもつようになった本は数多くあります。どのくらい多いかというと、興味をもっても読むのが追いつかないくらい、様々な方面に対する好奇心の目を開いてくれます。 何より日本を見つめるさまざまな視点を教わったことが大きい。 いまの僕らはあまりに日本を知らなさすぎます。無知であり狭い視野しかもたないがゆえに、形骸化した観念のみで日本を想像してしまいます。自ら日本をつまらなく退屈なものとして想像してしまう。でも、実際の日本は松岡さんがその編集工学的手法を駆使して紐解いてくれるように、多様な魅力をもった豊かなイメージをもっとものです。 そんな日本の多様で魅力あるイメージを紹介してくれる松岡さんの様々な本をここでまとめておこうか、と。 ※書名のリンク先は当ブログの書評エントリーです。

続きを読む

連塾・方法日本1 神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く/松岡正剛

まったくおそろしい本です。今まで10冊以上松岡さんの本を読んでますが、スピード感や勢いという意味ではこれが一番圧倒されました。連塾という講義を収録したこともあってかライブ感のある荒々しさがいいです。文面からもその場の熱気が伝わってくる。そして、この講義の場に顔を揃えた方々の興奮まで(この講義には鈴木清順さん、前田日明さん、しりあがり寿さん、樂吉左衛門さん、中村吉右衛門さんなど、そうそうたる方々が参加しています)。 なんで、本を読んだだけで熱気や興奮まで感じられるんでしょうね? これが松岡編集工学のなせる業なんでしょうか。あらためて考えると不思議です。

続きを読む

白川静 漢字の世界観/松岡正剛

白川さんの本を読むということは、文字という形態により言葉をあらわす人工物の世界観・体系、あるいは、それを用いる人間の観念や行為と形態との関係を探ることを意味します。それはハーバート・A・サイモンが1967年の『システムの科学』("The Science of the Artificial")ではじめて描いたデザイン思考(Design Thinking)という概念もその領域に含んでいます。ものの形を吟味することを仕事とするデザイナーがこうした関係性について無視するのはどうしたことか?と疑念をもたずにはいられません。 人間中心設計を高らかにうたっている人でも同様で、いまの人間や社会だけを前提に、あきらかにそれ以前からのスタイルの影響を受けているものの形をあれこれいうのは視野狭窄の感があるのはこれまでも指摘してきたとおり。例えば、ヘンリー・ペトロスキーが『本棚の歴史』で描いたような、本がかつて書棚に鎖につながれていたこと、蔵書を収納する施設(図書館)は収納と採光のトレードオフ的な関係があったことなどを知らずに本のレイアウトや版面のデザインを云々いっても、明らかに何かが不足していると感じます。 デザインやってる人で、ものの歴史をちゃんと学ぼうとする人は建築のデザインを唯一の例外としてとにかく少ない。なぜ、ある特定の道具の形は類似するのか、どうしてそうなったのかを理解しないまま既存の物の形を模倣する。形の意味を解せずに、形の吟味を行っているということですから、あきれたものです。そのことは1つ前の「漢…

続きを読む

知の編集工学/松岡正剛

そろそろ、この本のことも紹介しておこう。 あまり自身の仕事そのものに関しては書かない松岡正剛さんが、ご自身の仕事の根幹をなす「編集」について、「編集工学」という方法について書いた本です。 情報が情報を呼ぶ。 情報は情報を誘導する。 このことは本書がたいそう重視していることだ。「情報は孤立していない」、あるいは「情報はひとりでいられない」ともいえるだろう。また、「情報は行先をもっている」というふうに考えてもよいかもしれない。 松岡正剛『知の編集工学』 確かにこの言葉には「編集」というものの主要な性質が凝縮されているように思います。情報を収集し選択し分類すること、対称性、類似、相違、順番などで情報を並べ、要約、モデル化、列挙、言い換え、引用、図解、例示、強調などの方法を用いて編集を行う際、情報同士が呼び合ったり誘導したりするモーメントをいかに見出し、うまく活用するかは「書くスピード、理解のスピード」なんてエントリーを書いたばかりの僕からみても、ひとつのポイントだと思うからです。 連想ゲームのような現代の遊び、連歌や俳諧、茶の湯や香道のような中世~近世にかけて行われてきた遊びにも、こうした「情報が情報を呼ぶ」性質が用いられていますし、そもそも僕らが普通にものを考えるときにもこの「情報が情報を呼ぶ」性質を使わなければ思考は展開していきません。言葉そのものがほかの言葉と連動することではじめて機能するネットワーク性をもつのであって、その意味で僕らは誰もがつねに編集をしているんですね。 …

続きを読む

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義/松岡正剛

あー、この本が売れてる理由がよくわかりました。本屋でたまに見かけて、なんでずっと平置きされてるんだろ?とかなんとなく思ってたんですけど、読んでみて理由がわかりました。 松岡さんの本では一番読みやすく、かつ松岡さんが他の本で言っていることがわりと集約されてるんですね、この本。 この本、買ったのは結構前なんです。この続編にあたる『誰も知らない 世界と日本のまちがい』を読んだのが今年のはじめ。それを読み終わるかどうかという時期にこの本も買っていたはずなんですね。でも、買っただけでなんとなく読まなかったんですけど。 それがこのあいだ、『山水思想』を読んでみて続けて、松岡さんの本を読みたいなと思い、読みはじめたんです。 この本は帝塚山学院大学・人間文化学部向けに行われた講義を再編集して収録されたモノ。5回の講義の体裁でまとめられてますが、ほとんど通勤などの電車のなかで読むだけでも3日で読み終えることができました。 あまり日本についても世界についても知識がない学生向けにていねいに説明されているので、大人が読んでも読みやすい。しかも、ある程度、松岡ワールドが要約されている感じがまたよいな、と。

続きを読む

デザインなんて一足飛びでできるものではない。

解決すべき問題あるいはユーザーのニーズ。 そんな姿形もないものをいかにしてデザインという姿形の決定を司る仕事につなげるのか? それには「はい。解決すべき問題(ユーザーのニーズ)は理解しました」→「じゃあ、このデザインで行きましょう!」という風に一足飛びに、最終的な姿形が見える人はそうはいないと思っています。 特にデザインの経験、修羅場をくぐってきた数が少なければ少ないほど、そんな奇跡的な飛躍は不可能なはず。 でもね、そういう人に限ってそれをやろうとする。問題が与えられたら、すぐに最終的な形の話をしようとします。しかも、やたらとディテールな話です。部分だけ見えてて全体は見えていない。全体の構造も輪郭も見えてないのに、やたらと部分的なパーツの具体的な話をしたりします。気持ちはわかるのですが、それだと残念ながらうまくいかないんです。それは本当に残念な結果になる。 僕なんて、そういうのを目の前にしてしまうと「そんなのもっとあとで決めればいいのに」と感じてしまいます。それよりさ、いま決めるべき、ゴールはどこまで? そう問いたくなります。だって、順番どおりにやったほうが結局は早いのがわかってるから。

続きを読む

山水思想―「負」の想像力/松岡正剛

「日本画の将来はどうなるんだ」 「ぼくはもう一度、雪舟から等伯への道程をたどってみたかった」 そんな1970年に亡くなった日本画家・横山操の最期の言葉を出発点として『山水思想―「負」の想像力』という本は、「雪舟から等伯への道程」を追いながら、中国から渡来した水墨画がいかにして日本の水墨画となったのかを問います。そして、そもそも中国における水墨画において「山水」とは何であり、日本はそれをどう日本の山水に変換したのかと、日本における山水画の変遷を辿ります。 とはいえ、ここでの「日本画」の「画」の部分は何に置き換えて読んでもいいと思います。日本デザインでも、日本製品でも、日本のITでも、日本の技術でも、日本のブランドでも。いや、そう置き換えて読むことができるかどうかがこの本を読む上でのポイントの1つでしょう。 そう。松岡さんがこの本で試みているのは、日本がこれまで海外の思想や表現などの情報をどのような「方法」でローカライズすることに成功し、失敗してきたか、そして、その「方法」とはどんなものだったのか、ということなのです。 山水という方法松岡さんがそこに見出すのは日本文化独自の「方法」です。 表題であるにもかかわらず、NHKブックスという性格からか、『日本という方法―おもかげ・うつろいの文化』では、いまひとつぼんやりと描かれていた「日本という方法」がよりはっきりと描き出されているのが本書です。 中国山水の日本化に成功した日本の「方法」が、いや山水画に限らず、中…

続きを読む

日本という方法―おもかげ・うつろいの文化/松岡正剛

日本人は方法が得意じゃない。 そう言ったのは、今日の「ペルソナ/シナリオ法による商品・サービス開発」セミナーでの山崎さんでした。 約5年前での海外セミナーでのこと。出席者にペルソナという手法について訊くと、ほとんど全員が知っていて、半数が何らかの形で使ったことがあると答えたそうです。とうぜん、日本では昨年あたりからようやくペルソナに注目が集まってきたばかりで、まだ実際に使っている人はそれほど多くないはずです。 それなのに、5年前の段階で、ペルソナがどういう手法かという議論ではなく、自分たちでどう取り入れるかという議論を他の人間中心設計の手法と同様に議論していたことに驚いたという話でした。 確かに、そう言われると、いまの日本人は既存の方法をうまく活用するのがうまくないと僕も感じます。 それは人間中心設計の手法に関してだけでなく、これまで僕が仕事で活用させてもらったシックスシグマの手法や、バランストソコアカードの手法、マーケティング関連の手法、どれをとってみても、興味があるとか、話を聞いてみたいという人は数多くいるものの、実際にそれらの手法を自分たちで使ってみようという人はあまり見かけてきませんでした。 方法に興味は示すものの、それを活用するのが苦手なのが、いまの日本人かもしれません。

続きを読む

空海の夢/松岡正剛

木から降り二本足で立ち、直立歩行ができるようになった裸のサルは、両手が自由になって道具を操ったり指折り数えることができるようになり、目線が高くなって遠くまで見渡せる両眼視を手にいれ、声帯筋が直立することで声の分節化が行えるようになり、その声の分節パターンが大きくなった脳に記憶されることで言葉を操れるようになりました。 しかし、 まったく「坐る」とは東洋の恐ろしい発見だったと思う。 松岡正剛『空海の夢』 今日、暗く冷たい伽藍のなかの如来像や阿弥陀像をみてもわかるように、仏僧たちは直立歩行で自由になった手を結びなおし、両眼をあえて半眼のソフトアイにして、繰り返し経を唱えることで自由な発話・思考から離れることで、進化を抑制しようとしていたようにさえ思えます。 土橋寛さんの『日本語に探る古代信仰―フェティシズムから神道まで』という本を紹介した際に、「呪術は人間が自然物や他者を直接的にコントロールすることによって、願望を遂げようとする行為であり、宗教は超自然的な存在としての神・仏の力に頼って、間接的に願望を遂げようとする行為である」という言葉を引用しましたが、必ずしも仏教においては仏は間接的に願望を遂げるために頼る対象というよりも、「自然物や他者を直接的にコントロールする」力を失いつつある状況を脱するため、あるいは、すでに失ってしまったその力を取り戻すために、その行為を模倣する参照点ではなかったのかと、松岡正剛さんの『空海の夢』を読んで思いました。 言葉を自在に扱えるが故に頭に渦…

続きを読む