1660年 18世紀 4P 5 Planes Model 6次の隔たり AIDMA AISAS Amazon art Book BSC CGM CM CMS Contextual Inquiry COVA CSR CSV design DMAIC DNA EGM etsy Facebook feedpath FIREFOX拡張機能 google GPS HCD HCDプロセス HCI Heller’s Cafe HII Hmmmmm Human-Information Interaction I/O IA IDEO iPhone ipod touch ISO13407 ISO9241-11 KJ法 KY lifehacks LOHAS microformats mixi music OJT P2P PDCA PR QFD R&D RSS RSSリーダー SBM science SEO SIPOC smo SNS SWOT分析 TNGS TV twitter Tシャツ UCD UI UIデザイン UML User Centered Design VOC WAREHOUSE web Web2.0 webサイト WEBサイト構築 Webサイト設計 Webデザイン Webブランディング Webマスター Webマーケティング Web標準の日々 Wisdom of Crowds ありがとう いき いせ辰 おもしろい おもてなし くせ こだわり ことば ざるかぶり犬 しきり しくみ しながわ水族館 せめこれ つつじ つながり はかなさ はてな はてブ ひらがな ひらめき ふすま ふつう へうげもの べき乗則 ほめる もてなし ものつくり ものづくり もやい工藝 もやしもん やりたいこと やり方 わかりやすさ わかる わたし アイコン アイデア アイデンティティ アイトラッキング アウトソーシング アウトプット アウトプットボキャブラリ アキッレ・カスティリオーニ アクセシビリティ アクセスアップ アクセスログ アクセスログ解析 アクセス数 アジア アナログ アナロジー アニミズム アビ・ヴァールブルク アピール アフィニティマッピング アフィリエイト アフォーダンス アブダクション アラン・クーパー アリストテレス アルチンボルド アルドロヴァンディ アンケート アンチ・ディシプリナリー アントニーとクレオパトラ アントレプレナー アンフォーカスグループ アーカイブ アーティファクト アート アートプロジェクト イエイツ イコノロジー イデア イノベーション イメージ インサイト インセンティブ インタビュー インタラクション インタラクションデザイン インタラクション・デザイン インタラクション・デザイン インタラクティブ インタラクティブ・システム インターナル・マーケティング インターネット インターフェイス インテグレーション インテリジェンス イントラブログ インフォグラフィックス インプット ウィトゲンシュタイン ウィリアム・モリス ウェブ進化論 エクスペリエンス エクスペリエンスデザイン エクスペリエンス・デザイン エコノフィジックス エシレ エジプトのミイラ エスノグラファー エスノグラフィ エスノグラフィー エスノメソドロジー エッシャー エモーショナル・デザイン エレクトロニカ エロティシズム オウィディウス オセロー オタク オブザベーション オブザーベーション オラリティー オリジナリティ オルタナティブ オルフェウス オーダーメード オープンイノベーション オープンソース オープン・イノベーション オープン・サービス・イノベーション オープン・リーダーシップ オープン系 カオス カスタマイズ カスティリオーニ カテゴライズ カドリー・ドミニオン カブーム カムイ伝 カードソート カーナビ カーニバル ガリレオ・ガリレイ キッチン キャパシティ キルヒャー ギルド ギーク クオリア クオリティ クックパッド クラウス・クリッペンドルフ クラウド クラーナハ クリエイティビティ クリエイティブ クリエイティブコモンズ クリエイティブ・クラス クリエイティブ・コモンズ クローズドループシステム グラウンデッド・セオリー・アプローチ グラフィック・ツール グラフィック思考 グランドデザイン グループワーク グロテスク グーグル ケプラー ゲシュタルト崩壊 ゲノム ゲーテ ゲーム コア・プロセス コスト コプロシステム コミュニケーション コミュニケーション・スキーム コミュニケーション力 コミュニティ コミュニティデザイン コラボレーション コラボ消費 コンサルティング コンセプト コンテキスチュアル・インクワイアリー コンテキスト コンテンツ コンバージョン率 コンピュータ コンプライアンス コ・ワーキング コーディネイト ゴシック建築 ゴローズ ゴールダイレクテッドデザイン サイエンス サイト サイト設計 サイン サステナビリティ サンダース サン・テティエンヌ大聖堂 サン=レミ大聖堂 サービス サービスデザイン サービス品質 サービス業 サーフェス シェア シェアハウス シェイクスピア シェークスピア システム システムの科学 システム設計 シチュエーション シックスσ シックスシグマ シナリオ シミュレーション シャッフルディスカッション シャンパーニュ ショーケース ショールーム ジョン・ラスキン スキル スキルアップ スキーマ スケールフリーネットワーク スタイリング スタートアップ ストーリー スピード スピードアップ スモールワールドネットワーク セオドア・レビット セグメンテーション セマンティック セレンディピティ センス ソシュール ソットサス ソネット ソフトウェア ソーシャル ソーシャルイノベーション ソーシャルメディア タイモン・スクリーチ タギング タクソノミー タッチポイント タピスリー タンジブルビッツ タンジブル・シンキング ターゲット ターゲティング ダンス ダーウィン チェンジメーカー チャールズ・サンダース・パース チャールズ・パース チームワーク ツリー構造 テキスト テクスト テクノロジー テレビCM崩壊 テンプレート テーブル テーブルランナー デカルト デザイナー デザイン デザイン​思考 デザインの方法 デザインチーム デザインプロセス デザインリサーチ デザイン史 デザイン思考 デザイン思考の仕事術 デザイン戦略 デザイン教育 デザイン環境 デザイン・プロセス デジタル デブサミ デリック・ドゥ・ケルコフ デ・マーケティング トキメキ トマス・アクィナス トレーニング ドゥルーズ ドナルド・A・ノーマン ドナルド・A・ノーマン ドラッカー ドーキンス ナチュラル・ヒストリー ナビゲーション ニッチ ニーズ ニーチェ ネタ ネットワーク ネットワーク構造 ネットワーク科学 ネット視聴率 ノマド ノヴァーリス ノートルダム大聖堂 ハイジ ハウツー ハンス・コパー ハードウェア バイタリティ バウハウス バカボンド バズワード バタイユ バランススコアカード バランストスコアカード バランス・スコアカード バリューチェーン バロック バーバラ・M・スタフォード バーバラ・スタフォード パウル・クレー パターン パターン化 パターン認識 パトス パラダイム パリ パレートの法則 パン切り台 パース パーソナライズ パーソナル・ブランディング ヒアリング ヒエログリフ ヒト ヒューリスティック評価 ビジネス ビジネスデザイン ビジュアルデザイン ビジュアル・シンキング ピクチャレスク ピダハン ピナ・バウシュ ピューリタン ファインダビリティ ファウスト ファウンド・オブジェクト ファッション ファンタジア フィッシュボーン フィードバック フィールドノート フィールドワーク フジタ礼拝堂 フランク・ロイド・ライト フリー・カルチャー フレーム フレームワーク ブックデザイン ブックマークレット ブランディング ブランド ブランドイメージ ブランド認知 ブランド連想 ブルーノ・ムナーリ ブレインストーミング ブロガー ブロガーズ・ネットワーク ブログ ブログ・ネットワーク ブログ検索 ブーツ プラグマティズム プラトン プロクセミックス プロジェクト プロジェクトマネジメント プロジェクト定義 プロセス プロセスデザイン プロセスマップ プロセスマネジメント プロセス重視 プロダクトデザイン プロデュース プロトタイピング プロトタイプ ベキ分布 ベネフィット ベーコン ペルソナ ペルソナ/シナリオ ペンローズ ページタイトル ペーパープロトタイピング ペーパープロトタイプ ホイジンガ ホットエントリー ホワイツ ボキャブラリ ボックの砲台 ポジショニング ポニョ ポンピドゥー・センター・メス マインドシェア マインドマップ マクルーハン マス・コラボレーション マス・プロダクション マナイズム マニエリスム マネジメント マリオ・プラーツ マレビト マンガ マンテーニャ マーケター マーケティング マーケティング2.0 マーケティング・コミュニケーション ミッション ミュージアム ミラーニューロン ムナーリ メタデータ メタファ メタ情報 メタ認知 メディア メディア論 メンタルモデル モジュール モダン モダンデザイン モデリング モノづくり モーツァルト ユニバーサルデザイン ユニバーサル・デザイン ユビキタス ユーザビリティ ユーザビリティテスト ユーザビリティ・エンジニアリング ユーザビリティ・テスト ユーザーインタビュー ユーザーインターフェイス ユーザーエクスペリエンス ユーザーテスト ユーザーニーズ ユーザー中心 ユーザー中心のデザイン ユーザー中心デザイン ユーザー中心設計 ユーザー像 ユーザー分析 ユーザー理解 ユーザー行動 ユーザー行動調査 ユーザー要求 ユーザー調査 ユーザ視点 ライティング ライバル ライフスタイル ライプニッツ ラダリング ラダーリング ラッセルモカシン ラフカディオ・ハーン ラベル ラルフ・ローレン ランキング ランス リアリズム リア王 リクワイアメント・エンジニアリング リサ・ラーソン リサーチ リスク管理 リズム リソース リテラシー リフレーミング リンク リーダー リーン・スタートアップ ルクセンブルク ルネサンス ル・クルーゼ ル・コルビュジエ ルーシー・リー レオナルド レオナルド・ダ・ヴィンチ レッドウイング レビュー レンブラント ロジック ロフトワーク ロマン主義 ロマン派 ロングテール ローカライズ ワークシフト ワークショップ ワークスタイル ワークフロー ワークモデル ワークモデル分析 ワーク・シフト ヴァールブルク ヴィジョン ヴィンテージ ヴンダーカンマー 一体感 一期一会 一流 一般教養 万葉集 三項論理 上司 上流工程 下剋上 下鴨神社 不安 不満 不確実性 不祥事 世界 世阿弥 中世 中世史 中小企業 中沢新一 中間地点 丸善 主観/客観 予測 事例 事業 事業戦略 二次的理解 五蘊 交易 京かのこ 京都 人事 人工 人工物 人工物の科学 人材 人材教育 人材育成 人間中心 人間中心のデザイン 人間中心デザイン 人間中心設計 人間中心設計プロセス 人間工学 人類学 人類学者 仏教 仕事 仕事の定義 仕事術 仕組み 他力本願 仮想現実 仮設 仮設文化 仮説 企業 企業サイト 企業文化 企業経営 企画 企画の方法 企画力 企画設計 会話 会議 伝統文化 住まい 佐々木正人 佐治晴夫 体験 体験デザイン 作業空間 作法 使用語彙 価値 価値基準 価値観 価格 保守的 信仰 信頼 俳句 個人 倫理 偶然 傍観者 働き方 働き方の未来 優先順位 元祖いちご豆大福 先見の明 共同作業 共感 共感呪術 共進化 内包と外延 内田繁 内藤商店 内部統制 再生 再認 写実主義 写本 写真 出力 出版 分かる 分析 分類 分類学 切り口 判断 利用 利用シーン 利用状況 利用率 利用者 利用行動 制作 制約条件 刺激 創作 創作能力 創発 創造の方法 創造力 創造性 労働 効果測定 効率 効率化 勉強 医療 匿名 匿名性 千利休 千客万来 協働作業 南部古代型染 博物学 博物誌 博物館 印刷 印刷本 印象派 危機感 原因と結果 原研哉 厳島神社 反復練習 反応 収斂現象 口コミ 口承文化 古事記 古代 古代信仰 古代史 古代日本 古代歌謡 古田織部 可能世界 可能性 可視化 台所 合理 合理性 向井周太郎 向島百花園 否定 告知 呪術 和歌 品質 哲学 商品計画研究所 商品開発 商売 問題 問題定義 問題意識 問題発見 問題解決 問題設定 啓蒙 営業力 因果関係 団扇 図像 図像学 図書館 図表 土橋寛 土鍋 地域ブランド 地域活性 地場産業 坂口安吾 型染め 型絵染 基礎インターフェイス論 基礎デザイン学 報告 境界 売上 変化 変形 変身 夏目漱石 夕焼け 外化 外部参照性 多義性 多読術 夜神楽 大学 大東窯 大角玉屋 天才 失敗 奥山清行 好き 好み 好奇心 学び 学ぶ 学問 学習 学術 安土桃山時代 宗教 定性調査 定義 定量的分析 定量調査 実名 実践 客人 室町時代 宮古島 宮大工 宮島 宮崎駿 宮本常一 家事 家政学 家族 富沢ひとし 寝殿造り 寺社 対数 対話 対象 専門分野 専門家 将来 導線 小松彩夏 小泉八雲 小鹿田焼 就職 尺度 展覧会 山ぶどうの手提げ篭 山もみじ 山水 岡本太郎 岩崎邸庭園 工芸 工藝 巧みの技 差異 巾着田 市場価値 市場理解 市場経済 市場調査 師匠と弟子 常識 平賀源内 年齢 広告 広重 座布団 庭園 建築 引き出し 引き算のデザイン 引き継ぎ 引き際 形式知 形態 後醍醐天皇 従業員 心理学 忙しい 応用力 思想 思考 思考力 思考方法 恋愛 情報 情報の構造化 情報アーキテクチャ 情報デザイン 情報リテラシー 情報分類 情報化 情報化社会 情報収集 情報学 情報接種 情報整理 情報構造 情報構造化 情報爆発 情報発信 情報社会 情報社会学 情報科学 情報設計 情報過多 情報量 想像力 意匠 意味 意味論 意味論的転回 意志 意思 意思決定 意識 愛情 愛着 感受性 感性 感性工学 感覚 感謝 慣れ 成功事例 成功要因 成長 戦略 戦略マップ 所有 手ぬぐい 手仕事 手作り 手入れ 手法 技術 技術力 技術向上 技術志向 折口信夫 抽象化 抽象的思考 拙速 持続性 捨てる勇気 提案 提案書 携帯電話 改善 教育 数奇 数学 数寄 文化 文化人類学 文化論 文字 文字文化 文学 文書 文様 文章 文脈 文脈調査法 料理 断片化 新古典主義 方法 方法日本 旅行 日報 日本 日本という方法 日本史 日本家屋 日本庭園 日本建築 日本文化 日本書紀 日本民家園 日本民藝運動 日本民藝館 日本版SOX法 日本神話 日本精神 日本美術 日本語 日記 映像コンテンツ 映画 時空 時間 時間管理 普通 普通のデザイン 普遍 普遍言語 暗黙知 暮らし 更新頻度 書く 書物 書籍 書評 曼珠沙華 月信仰 有限性 服飾デザイン 服飾デザイン 期待と現実 未来 未知 本能 杉浦康平 村田珠光 東京国際ブックフェア 東洋・日本 東洋思想 松岡正剛 柏木博 柳宗悦 柳宗理 根津神社 格差社会 梅 盆栽 梅の花 梅盆栽 棕櫚箒 棟方志功 森博嗣 検索 検索キーワード 業務 業務システム 業務プロセス 概念モデル 構造 構造主義 構造化 樂吉左衛門 標準化 標準時 模様 横書き 機織り 欲望 正しさ 歴史 毛筆 民俗学 民藝 気づき 水墨画 江戸 江戸文化 江戸時代 決定論 河井寛次郎 法則 法隆寺 洞窟壁画 流行 浄土と穢土 消費 淘汰圧 深沢直人 深澤直人 温故知新 測定 準備 漢字 炎上 無常 無文字文化 無理数 無知 無縁 焼物 熊野 熊野古道 物差し 物理学 物語 独断 独自性 王立協会 現在位置 現場 現実性 現状把握 理解 理解語彙 琳派 環世界 環境 環境形而上学 環境適応 生き方 生命 生命力 生命情報 生命記号論 生態学的認識論 生態心理学 生活 生活文化 生活様式 生活環境 生活空間 生物 生物学 生理学 生産 生産性 用の美 用途 田中優子 田中純 申楽 異形 疑問 発想 発想力 発想法 発想術 発見 発達 発達心理生物学 白川郷 白川静 白洲次郎 白洲正子 盆栽 監視 目利き 目標 目的 直観 相互作用 相対性理論 相対論 真似 真実の瞬間 眼の力 知性 知覚 知識 研究 磁器 社会学 社会環境 祝祭 神学大全 神社 神話 私利私欲 私的言語 秋草 科学 稽古 空海 空間デザイン 立体視 競争 競争優位性 競争戦略 笑い 管理 精神的強さ 紅葉 紋切り型 素材 累積淘汰 組織 経営 経営学 経営戦略 経営者 経師 経済 経済史 経済学 経済文化 経済物理学 経験 経験する 経験価値 経験値 結合術 統計 統計的手法 絵画 継続性 継続的改善 網野善彦 編集 編集者 練習 縦書き 羊山公園 美的センス 美術 美術史 美術展 考える 聖徳太子 職人 職場 職能 肯定 育成 能力 脈絡 脳科学 自分づくり 自分を知る 自己 自己主張 自己組織化 自己認識 自然 自然主義 自然淘汰 自由 自由学園明日館 自由意志 般若心経 良寛 色即是空 芝居小屋 芝桜 花粉の運び手 花鳥風月 芸能 芸能史 芸術 芹沢銈介 苦情対応 苦手克服 英国式庭園 茂木健一郎 茶の湯 茶会 茶室 茶碗 茶道 荒魂 華厳 著作権 蒐集 蓄積 薬師寺 藍染め 藤原氏 行動 行動シナリオ 行動分析 行動力 行動経済学 行動観察 街づくり 衣服 表具師 表現 表現の動機 表現力 表記 装飾 装飾性 複雑系 西垣通 西岡常一 西村佳哲 西洋家具 要件定義 要求 要求定義 要求開発 要約 見る 見る目 見極め 見立て 規格化 視覚 視覚化 視覚文化 視覚芸術 視覚表現 視覚表現技術 視覚要素 視野 親和図 観察 観察力 観念 観念史 解決 解決法 解釈 言い訳 言葉 言語 言語ゲーム 言語学 言論統制 言霊 計画 計算不可能性 訓練 記号 記号体系 記号学 記号論 記憶 記憶術 記述 記録 設計情報 評価 評価グリッド法 評価指標 詩人 詩経 話しことば 誇張 認知 認知プロセス 認知心理学 認知的ウォークスルー 認知科学 認識 語学力 語彙 説明 読む 読書 読者 読解力 調査 論理 論語 諸行無常 講演 議事録 議論 象徴 象徴主義 象徴性 責任 費用対効果 資産管理 質問 質問する力 質問力 質的調査 超ひも理論 距離感覚 身体 身体性 身体知 近世 近代 近代化 退職 連続性 進化心理学 進化論 遊び 遊女 遊郭 運命 運用 過去の経験 過去ログ 過去記事 道元 道具 遠近法 遺伝子 還元主義 郷土玩具 都会 都市 都市社会 野菜 量子力学 量子重量理論 金唐革 金唐革紙 鉄道 銀閣寺 錯視 鎌倉 鏡像段階 鑑賞 長期戦略 長谷川等伯 閉経 間違い 関係性 阿蘇 阿部雅世 限界 陶器 陶磁器 陶芸 階層構造 集合知 雪舟 電子書籍 需要と供給 震災 青い花 青山二郎 非知 非線形 音楽 音連れ 領域横断 頻度 類似性 顧客の声 顧客セグメント 顧客ニーズ 顧客志向 顧客満足 顧客理解 顧客経験 顧客要求 顧客視点 飛騨高山 食器 食文化 食糧自給率 飾り 養老孟司 驚異 骨董 高千穂 高山宏 高橋吾郎 高橋尚子 T型人間 T字型人間 アフォーダンス ギブソン バイタリティ ファッション

シェイクスピアの生ける芸術/ロザリー・L・コリー

人はどれだけ自分自身で考え、行動しているのか。 僕はそんなことを時折思い出したかのように、繰り返し考えている。 ある意味では、その問いを発し続けることが、僕の人生の1つの大きなテーマであるようにさえ思う。 でも、その問いはもうすこし正確にいうと、こうなる。 「人の考えや行動に影響を与えているものはどんなものなのか、それはいつから、そのように影響しはじめたのか?」と。 つまり、僕は人が自分で考え、自分で行動することなど端からないと思っているわけだ。僕の関心はむしろ、僕らは何によって考えさせられ、動かされているのか?ということになる。 だから、この『シェイクスピアの生ける芸術』という本の冒頭近くで、著者のロザリー・L・コリーがシェイクスピアのやったことについて、こう問いかけるのを読んだだけで、この本がすごく面白い本だと直観できた。 シェイクスピアにとって「アカデミック」とは、その濫用された語の二通りの意味において、何であったのだろう……すなわち、彼にとって、何が単純で、容易で、自然であり、何が研究や学識を要するものであると感じられたのだろう。諸事、アートのなかに封じられると、慣習のかたちをとって「静」と化し、我々が思いを巡らす相手とされる。だが、アートが静を破って、アートがなすはずの、そして現になすようなありとあらゆる仕方で、「生ける」かのように見え、我々を「ゆさぶる」ように見えるとき、もっとみのり豊かではあるが、もっと困難な道のりが始まる。 ロザリー・L・コリー『…

続きを読む

バラバラに切り刻みこまれた言説が意味が空っぽの器をつくる

物事を総合的な視点で見ようとせず、ディテールばかりを見て論じてしまうがゆえに、議論が空虚なものになることは少なくない。議論されている全体を理解できないがゆえ、自分で見えている断片だけを取り上げて、そこだけから全体の評価を行おうとしたりする会話が多くなればなるほど、議論は無意味なほうに進む。 複数人の議論だけではなく、個人の思考においても、全体を見ずに、断片的に切り取った部分の集積だけで云々すると、訳のわからない妄想が生まれがちだ。もちろん、それをあえて文脈を外してスペキュラティブな問いを生み出そうとしているなどの意思があれば全然別の話なのであるが。 そんなことをロザリー・L・コリーの『シェイクスピアの生ける芸術』のこんな記述を読みながら思いだした。 文脈から切り離すことは、文脈を消滅させることと同じく、秩序正しい真実あれこれを壊すのに有効である。 ロザリー・L・コリー『シェイクスピアの生ける芸術』 これは、シェイクスピアの『トロイラスとクレシダ』を評した一節で、「トロイラスにとって、クレシダはその両方をなしたのである」と続く。 『トロイラスとクレシダ』はトロイ戦争末期を描いた劇で、トロイの王のトロイラスは自分の恋人だと信じていたクレシダが、敵であるギリシャの将軍ダイオミーディーズの元に走ったことで、恋愛の文脈においても、戦争の文脈においても、その事実を認めることができず「これはクレシダであり、クレシダではない」と口走ったあと、「女の忠節のかえらが、愛情の残飯が、大盤…

続きを読む

どこまで愛されているのかその限界を知りたいの

誇張するなら、限界を超えて、いまだないものを創造するほどに誇張するべきなのかもしれない。 クレオパトラ どこまで愛されているのかその限界を知りたいの。 アントニー それならば新しい天、新しい地を見つけなければなるまい。 シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』1幕1場14-17行 シーザーなきあとのローマ帝国、三頭政治をしく3人の執政官のひとりアントニーこと、マルクス・アントニウスと、エジプト・プトレマイオス朝の女王クレオパトラが、ともに恋に身を滅していく様を描いたシェイクスピアの『アントニーとクレオパトラ』。 その戯曲は、『シェイクスピアの生ける芸術』のロザリー・L・コリーに言わせると「身の程知らずの張喩」が目につく作品だという。 張喩、つまり、誇張表現。 それは先の引用でもみたとおりで、2人の間でも互いに交わされるし、2人を取り巻く人々も良い意味でも、悪い意味でも、2人のことを誇張した調子で表現する。 それゆえ、「アントニーは何をしても、「尺度を超えてしまう」かのように見える」し、クレオパトラを「我々は、彼女が礼儀に背いても、悪ふざけがすぎても、愚かな中年女でも、それでもなお魅力的であると感じさせられる」。 まこと、アントニーとクレオパトラは己れ自身について、また互いについて、誤った印象を抱いていたり創り出していたりしていたかもしれない。だが、彼らは何か別のこと、何かきわめて尊く、きわめて詩的なことを試みていたのである。等身大よりも大きいという己れの自身…

続きを読む

知識をもたない初心(うぶ)な者は機械的な形式にエモーションを操作される、恋愛においてさえも

嗚呼、オセロー。何故、あなたはそんなに初心(うぶ)なのか? シェイクスピアの『オセロー』で、主人公であるオセローは愛する妻を、悪人イアーゴーに吹き込まれた妻の姦通というデマを信じて、愛するが故に殺害してしまう。 その後、妻の姦通がまったくの嘘であったことに知って、みずからも自害するという悲劇なのだが、そもそも、主人公オセローに妻であるデズデモーナを愛を語らせ、姦通の疑いから激昂させ、そして殺人にまで至らせるのが、軍人であるオセローの恋愛に対する初心さであり、それゆえにソネットなどの恋愛詩、恋愛文学の定型そのままに行動させてしまうことだというから悲劇以外の何物でもない。 無知であること。にもかかわらず、誠実でいようとする場合、オセローのような定型=ステレオタイプの罠にはまってしまい、現実とのギャップに空回りをきたし、悲劇的な結末を誘ってしまうことは少なくない。 もちろん、それは恋愛の場合に限らない。 知識が少なければ少ないほど、自分の知識が少ないことに気付きながらそれを補う努力を怠る人ほど、ステレオタイプの型に自らの判断を預けてしまい、さも自分で考え行動しているつもりながら、ほとんどを型に委ねてしまう。そして、多くの型がそれそのものだけでは機能するようできてはいないので、結局、何事もうまくいかず、より面倒な状況に追いやられる。この流れから抜け出すためには、自ら知識をつけ、「知識を元に自ら考える」という編集行為にのりだす必要がある。だが、これをやらない人は多くて、それ…

続きを読む

思考も感情も個々人の自由などではなく、社会・文化的な様式あってのこと

本を読むなら一度に1冊ずつ読むよりも、複数冊の本を同時に読み進めることが良いと思う。 その方が本に書かれたことから、気づきを得たり、自分の思考に落とし込むことがスムーズになりやすいからだ。 本を読むというのは、決して、そこに文章として書かれた内容をただ読むという行為ではない。それは書かれたことと自身の体験や既存の知識とを折り合わせながら、自分自身の思考を紡いでいく作業なのだと思う。書かれたことを純粋に読んでいるつもりでも、そこには読む人自身の経験や持っている知識の影響が織り込まれないということはない。だから、書かれたことの解釈は異なるのだし、そもそも解釈なるものが自身のもつ経験や知と切り離せない。 だとしたら、そのことをむしろ積極的に利用して、読書というものをより意識的に知の創造的行為に仕立て上げた方がよいと僕は思う。 その視点に立つ際、複数冊の本を同時に読むという方法は有効だ。 1冊の本が相手だと、本と自分の1対1の関係になって解釈の膨らむきっかけが限定されてしまう状況に陥りがちだが、それが複数冊同時の読書だと、本と自分という1対1の関係から、本と本との関係が加わり、本同士の共鳴が1冊の本との間では生まれ得なかった気づきをあたえてくれることがよくあるからだ。 もちろん、いま読んでる本と過去の本の記憶でもそういうことは起こりえるが、やはり長い空白期間のある過去の記憶をたよるよりはより身近な記憶のほうが共鳴が起こりやすい。 僕自身、ソファーで読む本、寝るときに布団の…

続きを読む

シェイクスピア・カーニヴァル/ヤン・コット

何回かぶりの書評記事。 とりあげるのは、ヤン・コットの『シェイクスピア・カーニヴァル』。 でも、本の紹介にはいる前にすこし寄り道をしたい。 キリスト教の祝祭が、それまで様々な地域にあった異教の祝祭を吸収・統合しながら成立したことはよく知られている。 たとえば、代表的な祝祭でキリストの生誕祭とされるクリスマスも、古代ローマの祭で、12月17日から23日までの期間に開催されていたサートゥルナーリア祭(農神祭)が元になったと言われている。 この祭、社会的身分制度が覆されることを特徴にしていた。 期間中、奴隷は自由に振る舞い、主人より先に食事をすることが許され、人々はプレゼントを贈りあい、大いに飲んで食べて騒ぐことが許された。マルセル・モースが『贈与論』で語るような贈与性の名残も感じられる祭である。

続きを読む

もっと見る