IDEOのデザインプロセス、再び。

当たり前のことだと思っていたんですが、どうもそう捉えていない人がいるようなのでいちお書いておきます。

デザインプロセスはトータルで実践してはじめて意味があるということを。

観察を重視した方法だとか、ペルソナを使った方法だとか、部分的な手法ばかりがやたらと取りざたされていますが、そんな部分だけとってみてもハッキリ言って無意味です。
フィールドワークだの、エスノグラフィーだの、評価グリッド法だの、プロトコル分析だの、ワークモデリングだの、プロトタイピングだの、どれもそれぞれの部分だけとってみても価値はないんだということは忘れてはいけないと思います。

どんな手法を使おうが結果としてデザインが完成し、そのデザインがインプリメンテーションや流通・販売を通じて世の中で実際に利用されるようにならなければ価値はないわけです。どんなに調査の精度をあげようが、どんなに力をいれてペルソナをつくろうが、そんなことには意味がない。

だって、そんなところに力を入れたって、それだけじゃ誰も利用できないわけですから。それじゃあ、何のおもてなしにもなりません。

IDEOのデザインプロセス、再び。

前に「IDEOにおけるデザイン・プロセスの5段階」で一度紹介していますが、IDEOには基本的な5つの段階から成るデザインプロセスがあるそうです。

  • Understand(理解)
  • Observe(観察)
  • Visualize(視覚化、具体化)
  • Refine(改良)
  • Implementation(実行)

このプロセスは、イギリスのモグリッジ・アソシエイツおよびアメリカのID TWOの社長であり、後にIDEOの創始者のひとりとなったビル・モグリッジによって1980年代の後半に提唱されたものです。
いまではあちこちの企業でこのプロセスのバリエーションが参照されているといっていいでしょう。きちんとその意味するところを理解して参照しているかは別として。

5月30日の発売の『ペルソナ作って、それからどうするの?』でも、このIDEOのプロセスをはじめ、「デザインの方法:ブルーノ・ムナーリの12のプロセスの考察」で紹介したムナーリのプロセス、奥出直人さんが『デザイン思考の道具箱―イノベーションを生む会社のつくり方』で提唱している「創造のプロセス」、それから、ISO13407:人間中心設計プロセスなどを比較検討することで、8段階から成るユーザー中心のデザインプロセスを提唱しています(「『ペルソナ作って、それからどうするの? ユーザー中心デザインで作るWebサイト』:amazonにて予約開始」の目次参照)。

どのプロセスを軸にするにせよ、当該プロジェクトの問題を解決するのに適したプロセスをそれぞれに応じて、プロセス自体をデザインすることからデザイン・プロジェクトというものははじまると考えますが、ただ、その場合でもプロセス全体を通じて適切なデザインを創造することに意味があるのであって、決して、そこで用いられる個々の手法に価値があるわけではありません。
そんなことを思うと、IDEOのプロセスというのはシンプルにまとまっていて、あらためていいなと感じたりします。

ビジュアライズする力

ところで、そのデザインプロセスのなかで、僕が最近あらためてその重要性を実感してるのがIDEOのプロセスでいうところの「Visualize(視覚化、具体化)」の部分なんです。

まぁ、その理由はきわめて個人的なことで、2月に転職して周りにビジュアライズの能力をもった人がいなくなったせいか、最近自分がひどくビジュアライズの力に飢えているからではあると思うんです。ここ数年、僕自身は基本的に言葉を書く人・読む人、あるいは、情報を整理して構造的なデザインをする人にはなってますけど、それはこれまでの環境ではまわりにビジュアライズが上手な人がたくさんいたからなんだなといまさらながら気づきはじめているんですね。

それもあって、

良き映像、グッド・イメージを創りだせることへの信が失われ、良く見ること、グッド・ルッキングが大事な営みで、ぜひ涵養せねばならぬということを自信をもって言えていないのだ。
バーバラ・マリア・スタフォード『グッド・ルッキング―イメージング新世紀へ』

さすがにまわりにビジュアライズをしてる人がいないと、こういう言葉がぐっと刺さります。

グッド・イメージ、グッド・ルッキング。

そのパワーを知ってるだけに、最近では自分でビジュアライズまで手掛けてしまおうかと思うほど。もう10年近くビジュアライズの作業を自分ですることはしていないわけですが、なんとかなるんじゃないかと勘違いしてしまうくらい、ビジュアライズする作業に飢えていたりします。

トータルな視点でデザインをみることができる人

でも、デザインを狭義の意味でビジュアライズのことだと思っている人ほど、実はこのビジュアライズの価値を本気で信じていないんじゃないかなと思います。
それゆえにデザインをおまけみたいなもの、もうすこし言葉を和らげれば付加価値みたいなものと感じてしまうのじゃないでしょうか。機能やモノの価値自体からビジュアルというものを切り分けて考えてしまっているのではないかという気がします。

これも産業革命以来、デザインが分業化されてしまった悪影響なのかな、と。それがさらに分業化されてしまって、最初に書いたようなペルソナや観察などの部分的なデザイン手法をことさら取り沙汰して強調してしまう傾向につながっているように思います。
デザインプロセスなんてトータルで考えないかぎり、デザインという統合力が求められる仕事はうまくいくはずないんですけどね。リサーチも、ビジュアライズも、エンジニアリングも、マーケティングも一体となって考えられてはじめてデザインになると思うんです。
だからこそ、IDEOのデザインプロセスって僕自身、評価できるし、社会的にも評価されているんじゃないでしょうか。

でも、そういうトータルな視点でデザインをみることができる人って、日本にはすくないのかもしれませんね。
いや、個人じゃなくても、チームなり、組織でもいんですけど、やっぱりすくないんだろうなと思います。

ビジュアライズの力を語る本

そんな危惧もあって、そのへんを整理しようと思って、読み始めたバーバラ・マリア・スタフォードの『グッド・ルッキング―イメージング新世紀へ』ですが、期待どおりの内容です。

何より18世紀において新たに生まれたビジュアライズの革命的な手法が近代を形作るのに大きく貢献したことが非常によくわかります。それと同時に現代の視覚化手法・イメージングの手法のお粗末さやビジュアライズのパワーに関する世間の誤解もよくわかります。まぁ、最近、日本人の書いたものばかり読んでいたせいか、文体はちょっと読みづらいんですけどね。

デザインについて、ちゃんと考えようとしたら、このへんもきちんと押さえておいたほうがよいだろうなと思いました。

とりとめないエントリーになりましたが、こんな感じで。

  

関連エントリー

"IDEOのデザインプロセス、再び。" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。