論理と物語について。

論理と物語について。あるいは、事実データと文脈について。

まずは1つの前のエントリーで書評を書いたノーマンの『人を賢くする道具―ソフト・テクノロジーの心理学』より。

物語には、形式的な解決手段が置き去りにしてしまう要素を、的確に捉えてくれるすばらしい能力がある。論理は一般化しようとする。結論を、特定の文脈から切り離したり、主観的な感情に左右されないようにしようとするのである。物語は、文脈を捉え、感情を捉える。論理は一般化し、物語は特殊化する。論理を使えば、文脈に依存しない汎用的な結論を導き出すことができる。物語を使えば、個人的な視点で、その結論が関係者にどのようなインパクトを与えるか、理解できるのである。

これが1993年の論説。

で、一方、昨年話題になった、つまり、ノーマンから遅れること13年後にアメリカで大ベストセラーになった、ダニエル・ピンクの『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』より。

事実というのは、誰にでもアクセスできるようになると、一つひとつの事実の価値は低くなってしまうのだ。そこで、それらの事実を「文脈」に取り入れ、「感情的インパクト」を相手に与える能力が、ますます重要になってくるのだ。
そして、この「感情によって豊かになった文脈」こそ、物を語る能力の本質である。
ダニエル・ピンク『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』

さらに、2005年の茂木さんの『脳と創造性 「この私」というクオリアへ』より。

もはや、決まりきった情報処理を大量にこなす仕事は、コンピュータにやらせておけばよい。以前だったら大量のホワイトカラーが事務処理しなければいけなかった仕事が、今ではクリック1つで簡単にできるようになった。
その一方で、新しいものを生み出すこと、すでにあるものに新たな価値を付け加えることといった「創造性」の能力だけは。いくらコンピュータの計算速度が速くなり、インターネットなどの情報ネットワークが発達しても、人工機械には任せられない。それゆえに人間の創造性の価値が高まるのである。

今回は答えめいたことを書く気はまったくないのですが、まぁ、とにかくこういうことです。

とはいえ、人間中心のデザインは必要だと思いませんか?
いや、デザインでなくとも、人間をもう一度、捉えなおす機会のような気がしてますが、いかがでしょう?

  

関連エントリー

"論理と物語について。" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]