還元主義の罠

「分ける」ことは「分かる」ことだと思います。それがすべてではありませんが。

(前略)基本法則とそこから派生する法則とを区別する基準には根拠がなく、数学のみで宇宙を理解できるという考え方も、戯言でしかないということだ。一般的に物理法則は、純粋な思考から得ることはできず、実験的に発見しなければならない。というのも、自然をコントロールできるのは、組織化の原理を通じて自然がそれを許してくれた場合だけだからだ。この主張を還元主義(物事はより小さな部分へと分割することで明確になるという信念)の終焉と見なす人もいるかもしれないが、それは完全には正しくない。私も含めあらゆる物理学者は、心の底では還元主義者である。
ロバート・B・ラフリン『物理学の未来』

要素と全体

小さな要素に分割することで物事が明確になると考える場合、要素の背後には暗黙のうちに全体が前提とされていると思います。かつてギリシャの哲学者が世界の最小単位として考えていたATOM(いまの原子とは異なる元素としての原子)。そして、超ひも理論におけるひも。それらの要素が用いられるのは、全体である宇宙を形作る最小の要素を理解することで、全体を理解しよう(統一理論)という方向性をもっています。

しかし、要素の理解は必ずしも全体の理解にはつながらない。
それは複雑系の科学の研究者たちがさまざまな形で示してくれているとおりです。そして、何よりも要素の理解が全体の理解につがらないだけでなく、まず全体というものが実は想定できないことを複雑系の科学は示してくれているのだと思います。
複雑-系と称されるとおり、それは全体ではなく、ある系についての観察です。自己組織化という言葉も「組織」を対象にしている限りにおいて、しょせん、一部の組織を対象にしています。企業などの組織の中にいると、組織の内部だけが全体のように感じられてしまうことがありますが、組織は単にもっと広い何かの一部でしかないのは外に出てみればすぐに気づきます。

還元主義の罠

「分ける」ことは「分かる」ことだと思います。物理学者だけでなく、たいていの人(何かを分かろうと考える人)は、心の底では還元主義者だと思います。
有益なものと無益なもの、科学的なものと文学的なもの、終焉と未来、Web1.0とWeb2.0、あなたと私。セグメンテーションとターゲティングの手法は何もマーケティングに固有の理解の仕方ではないでしょう。目の前の現実を理解しようとする際、「分ける」ことで対象を理解しようというのはごく自然で有益なことだと思います。

しかし、そこには還元主義の罠がある。要素に分割することで何か自分が全体を捉えているかのように感じてしまう罠が。そして、自分が要素として絞り込んだものから大量にこぼれおちるものがあることに気づかなくなるという罠が。
しかし、要素への還元による理解で、ワイルドな自然(それは人間の暮らす社会、市場も含めて)をコントロールできると考えるのはあまりに考えがあますぎるのでしょう。「自然をコントロールできるのは、組織化の原理を通じて自然がそれを許してくれた場合だけ」なのでしょうから。そして、組織化の原理を人間はほとんどまだ理解していないのですから。

Webにリンクが存在することの重要性をもっと見直すべきなのかもしれません。
境界によって区切られたまやかしのアイデンティティをもったWebサイトの外に出て。

"還元主義の罠" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]