日本的「空」「間」、西洋的「空間」

なるほど。

日本語に複数形がないのは、(これは単なる僕の想像だけれど、)複数個存在することが、物体の性質としてではなく、物体の動作として受け止められていたからだ。(中略)豆を食べるとき、1つ食べ、2つ食べ、3つ食べて、そこでやめる。何を食べたのか、ときかれれば、英語では「3つの豆」を食べことになるが、日本語では、豆を「3つ食べた」というように、あたかも動作の繰り返し回数のように(副詞的に)形容する。

そして、この文章と、先日紹介した『考える脳 考えるコンピュータ』の中のこんな一文と比べてみると、皆さんはどんな印象をお持ちなるだろうか?
文化が現実世界のモデルに与える影響は、生半可なものではない。たとえば、研究の結果によると、東洋人と西洋人では空間と物体の認識方法が異なっている。東洋人は物体のあいだの空間に注目する傾向があるのに対して、西洋人はほとんど物体だけに注目する。
ジェフ・ホーキンス『考える脳 考えるコンピュータ』
「3つの豆」という言い方や単語そのものを複数形にしてしまう物の捉え方は、「物体だけに注目」した見方のように感じられる。
一方で、豆を「3つ食べた」は確かに豆と食べるという動作のあいだの空間に起きた事柄を数えているという印象を受ける。

よく西洋と東洋の違いを比べるのに、レンガの文化と襖・障子の文化という形で、両者の建築物の違いに注目することがあるが、数の数える際の表現にもおなじような傾向があるとは。

モノを置くことで、そのモノが占めるスペースと、それ以外のスペースが生まれます。このスペースのことを「カウンタースペース」といいます。文章や写真をモノに置き換えると、カウンタースペースはレイアウトの重要な要素になります。
+LOVE IS DESIGN+さんによれば(なんて、当ブログと関係性の深そうな名前なんでしょう)、この「カウンタースペース」という考え方は、「欧米では20世紀初頭に芽生え、50年代に体系化」されたそうです。
しかし、そのあと、すぐに
日本でも「空」や「間」の概念は、実際に平安時代からの「散らし」の手法や、書・いけばな・茶室などの造形感覚の一部にもなっています。
と書いてらっしゃるように、日本的なものの捉え方はそもそも「カウンタースペース」的なのでしょう。

そして、周囲の環境にある物やその変化のシーケンスをパターン学習することで、自らの知能を形成する脳は、当然、これに大きく影響を受けるのでしょう。
文化と家庭での体験は、人間に固定観念を植えつけるが、残念なことに、これは人生の宿命だ。(中略)固定観念をつくることが新皮質の機能であり、脳の生来の性質なのだ。
ジェフ・ホーキンス『考える脳 考えるコンピュータ』
「1人の男が~」や「すべての問題は~」といった日本語がかつてはなかったけれど、襖や障子の文化そのものがすくなくなった現在では、当たり前に存在するように、日本人の脳の固定観念の形も昔にくらべれば西洋化してきているのでしょうか?

僕は、京都の竜安寺や銀閣寺などの庭のような空間を「季節」という時間とともに感じられる四次元的な日本の表現が好きで、実はそういうのと似た感覚をAjaxによるUI表現や日々移ろいゆくブロゴスフィアの様相に見ていたりします。
これは逆に「カウンタースペース」が西洋化したように、日本的な時間の変化をとりいれた空間的表現も西洋に取り入れたってことなのかななんて思ってみたりします。

やはり日本的文化と西洋的文化って結構混ざり合ってきているのでしょうか。

  

"日本的「空」「間」、西洋的「空間」" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]