[memo]著作権、オープンソース、無形資産

昨日「INAのArchives pour tous 文化における見る価値と保存する価値」のエントリーを書いた後、たけくまメモさんの「ソフトがタダになる時代」やFIFTH EDITIONさんの「ネット時代の商業ソフト販売」なんかを読んで、「広告モデル」だったり、そもそも、そのあたりの話を全部ビジネスモデルの話にしてしまうことに対して、ちょっとした違和感を感じたのでmemo。

  • いや~、でも、なんでなんでしょ。著作権がネットにおいて機能しなくなるって話になると、どうもすぐに広告モデルの話になっちゃうのは。他のブックマーカーたちもこめんとしてたけど(っていうか、コメントだけで済ませるんじゃなくて、エントリー立てなさい。君たち)、確かに僕自身、違和感感じて「う~ん」とうなりたくなるところ。
  • ソフトが無料になるってことでは、やっぱりいわゆる狭義のオープンソースが先例となるわけで、それらが必ずしも広告モデルでやってるかっていうとそうでもないよなって話。
  • 広告モデルというビジネスモデル時代はいいと思うんです。でも、すぐにそこだけにつなげちゃうのは短絡的な感じがして、ちょっと味気ないなっていうのがこのエントリーの主旨。なので、広告モデル批判なんかではまったくないので、それを期待してる人には先にゴメンナサイ。
  • で、昨日の「INAのArchives pour tous 文化における見る価値と保存する価値」には、INAのアーカイブ公開について、こんなコメントを書いた。
  • 「フランスという国が、自国の文化を明確な形で自国のブランド価値、無形資産として位置づけ、自国の利益創出のためにマネジメントしようとしていることがよくわかります」
  • そうなんだよね。いきなりビジネスモデルの話まで跳んじゃう前に、それ(=情報。作品でも可)が無形資産であるということをバランスシート的に認識してみたらどうかと思うわけ。
  • つまり、それが「データは次世代のインテルインサイド」って話。
  • ちょっと前にはてブで人気エントリーになった404 Blog Not FoundのDanさんの「Googleは広告会社か?」ってまさにそういう内容だったわけで、すぐに広告モデルにいたる連想を開始するんじゃなくて、一旦「情報のネゲントロピーは、それ以上にうまい。そしてその油田を、どの産油国も成してないシェアでGoogleは押さえているのである--現在のところ」っていう部分に回り道してみたほうがいい。
  • といった意味で、もう一回、自分自身のもっている無形価値は何?っていう質問まで立ち返ってみないと、なかなかビジネスモデルの転換をうまい具合に進めることはできないんじゃないかって思ったりする。
  • とはいえ、いま、ここに答えを持ってるわけじゃなく、さっきも書いたように「著作権モデルの崩壊~広告モデルへ」みたいな短絡的回路はどうかなというところを書くのがこのエントリーの主旨。で、それに対して無形資産という場所を迂回する道を描いてみたってのがこのエントリーのいちおのオチでしょうか。
  • オープンソースも決して無償ではない。無償の部分もあるけど、ビジネスモデルとして成り立っている部分もある。やっぱり、そういうところの成功を表面的なビジネスモデルを真似るのではなく、それが何を価値ある資産と捉えることで成り立っているかを考えるほうが、次のビジネスモデル構築への近道になるのかなと思ったりしたわけです。
  • まぁ、結局は新しいビジネスモデルの構築より、古いビジネスモデルからの脱却のほうが苦労しそうだなって思ったりするけど。


  • 関連エントリー

"[memo]著作権、オープンソース、無形資産" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]