村上隆、著作権侵害訴訟の件に関するブロガーの反応

ここここに僕自身の感想は書きましたが、他の人はどう感じているのかなと調べてみました。
いろいろ書かれていますが、軒並み評価を落としているといえそうですね。

「アレは僕のDOBのパクリですね。でも、DOBも元ネタはミッキーマウスですから偉そうなこといえませんね、わはは」くらいのこと言えば、今まで自分がやってきたことと筋を通せたかもしれないのに。
それがポップアートの精神じゃないの?

この2つのケースは当事者間の間で決着したのだが、両氏のような著名で社会的に影響力の大きい人だからこそ、自分の要求を通すことができたのではないかと思う。当事者間での決着では、力関係や社会的影響力などによって決着内容は大きく変わってくる。

何かむしろ訴えて金取ったことで、むしろアートであることを自ら否定してしまったような気がした。これは、ミッキーマウスとか、キティーちゃんとかドラえもんと同列の(特に意味性、意図性のない)キャラクター商品なんだ!、と高らかに宣言したのではないだろうか?

問題となった「マウスくん」は、明らかに、村上氏のDOBではなくミッキーマウスを「参照」したと目されるのだから、もし村上氏がこの点につき十分な説明をしないのであれば、「ミッキーマウスとそっくりなものを拵えた身分で何を偉そうに言っているのか」という印象を免れない。

がんばれマウスくん。

「エンジェル ブルー」「マウス君」や「ウッキー君」、全て村上隆プロデュースだと思ってた。どこからが違うの?全部違うの?

村上さんが、ヴィトンのデザインとか手がけているらしいので
「俺、有名だし、真似されて当然」
と思うかもしれないけど・・・。
大人向けのキャラクターだったら、真似するかもしれないけど
子供向けのキャラクターに真似したいと思います?

今後も様々な声が聞こえてくるのだろうが、実は意外と反響も少ないなという意味で、あれだけルイ・ヴィトンや六本木ヒルズ、今では『ブス恋』のキャラクター・デザインで話題になっているとはいえ、正直いって思ったほどの反響はない。そもそもの注目度が低いし、アートや村上隆に世間はそれほど興味をもっていないんだなというのをあらためて感じたりもした。
確かにその点、村上氏の「アートの社会的評価や理解度は低い」という評価もあながち間違っているとはいえない。

しかし、今回のことで、こうした反応が出ることを村上氏は予測していたのだろうか?
それとも「アートの社会的評価や理解度は低い」日本のユーザー(特にインターネット・ユーザー)の考えなど、気にも留めていないというのだろうか?
私は、これからもそのために精力を注ぎ続けていきます」という村上氏自身の言葉が空しく響いてしまいます。
数千万円ともいわれる和訳金の代償はあまりに高すぎたんじゃありませんか?

テクノラティ「村上隆」での検索結果
Ask.jp「村上隆」での検索結果

関連エントリー


"村上隆、著作権侵害訴訟の件に関するブロガーの反応" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]