うつぼ舟I 翁と河勝/梅原猛

日本の中世史がおもしろい。
もちろん、おもしろいと感じるのは、僕自身がそこに関心をもっているから。特に芸能民を中心とした職能民についての歴史、それに関連して市場や座が生まれ定着した室町期の歴史にとても関心があります。
いかにして僕らの歴史から断絶した感のある現代を、そうした歴史的な流れに接続するか。それが現在の日本が抱えた大事な課題なんじゃないでしょうか?

既存の権威の崩壊に即した民衆の自治のはじまり

最近では、網野善彦さんの『日本の歴史をよみなおす』『無縁・公界・楽』『異形の王権』だったり、昨年末では、内藤湖南さんの『日本文化史研究』『東洋文化史』を紹介しましたが、室町期には、いまの日本につながる大きな社会の転換が起こっている。

その転換は一言でいえば、既存の権威の崩壊に即した民衆の自治のはじまりということができるでしょう。

その背景としては、鎌倉期に起こった新仏教である時宗や浄土宗、一向宗、禅宗、法華宗などがこぞって悪党や女性をふくむあらゆる民、そして、山川草木悉皆成仏と有情/無情のものに限らずあらゆるものが成仏するとした教えを説いたこと、古代より海や山河の道でネットワークされた職能民のつながりが各地に自治的な都市を形成し、そこに宿場や市場を開いたことなどがある。

そして、そうした仏教の影響、都市の経済的な影響を背景に、中世には以降の日本文化を形作ることになるさまざまな芸能が室町期には生まれてくる。能楽、茶道、華道、書道、香道、作庭などの文化はいずれも、鎌倉期に生まれた新しい仏教である浄土・禅・法華などの影響を受けながら日本の生活文化を形作ることになります。

芸能民・職能民の末裔として

室町紀以前は畏怖の目をもって受け止められた芸能民・職能民。それが室町期を経て、賤視の目に晒されることになる。

網野さんが『日本の歴史をよみなおす』で書いているように、古来より日本には、人間と自然とのそれなりの均衡のとれた状態に欠損が生じたりする場合に穢れを感じる傾向があった。建物や庭を作るために巨木や巨石を動かすこともケガレとされていた。そうした職能をもつ職能民はその力において畏怖の対象であると同時に、その職能そのものがもともと有する穢れによって賤視の対象になっていた。

現代において、「人間と自然とのそれなりの均衡のとれた状態に」変化をもたらすことを仕事にする、何らかの形でものづくりに携わる、そうした賤視の目に晒された職能民の末裔だということを自覚したほうがいい。それが僕が中世の職能民たちが歩んだ歴史に着目する理由。

この本もそうした中世の職能民の歴史を紹介してくれる一冊。

以前に『隠された十字架―法隆寺論』や、白川静さんとの対談『呪の思想―神と人との間』といった本を紹介した梅原猛さんのこの『うつぼ舟I 翁と河勝』は、そんな中世芸能史においても室町文化を代表するもののひとつである能=申楽の発生と展開の歴史にフォーカスした芸能史論です。

秦河勝(はたのかわかつ)

この本で梅原さんはまず、世阿弥の『風姿花伝』第四「神儀云」にある「彼河勝、欽明・敏達・用明・崇峻・推古・上宮太子に仕へ〔奉り〕、此芸をば子孫に伝へ、〔化人〕跡を留めぬによりて、摂津国難波の浦より、うつぼ舟に乗りて、風にまかせて西海に出づ」との一文に着目します。

「彼河勝」とは、能=申楽の始祖とされる秦河勝(はたのかわかつ)であり、河勝はまた聖徳太子の寵臣でもあった飛鳥時代の人です。

そんな人がうつぼ舟に乗って西へと流される。
うつぼ舟とは、さまざまな異人や貴種が乗って海岸に漂着する舟を指します。その舟に乗る人は海岸に流れ着くさまざまな漂流物と同様、異質なものとして扱われる。もちろん、それを見越して人はうつぼ舟に乗せられ、海へと流される。いわゆる流刑です。

なぜ聖徳太子の寵臣でもあった人が流刑にあわねばならなかったのか。

河勝が播磨の国坂越の浦に流れ着いたのは皇極3年(644)のことで、それは梅原さんが『隠された十字架―法隆寺論』でその謎を解き明かした聖徳太子の皇子・山背大兄王(やましろのおおえのおう)をはじめとする聖徳太子の子孫が法隆寺の前身である斑鳩寺で虐殺された年の翌年です。

秦氏という渡来人の氏族の出身である河勝が聖徳太子の寵愛を受け、重要な地位に取り立てられたこと自体、異例であり、周囲の反発もありました。それが太子という後ろ盾を失い、その子孫も虐殺された状況においては、河勝が流刑の身になっても不思議はない。河勝は、流されて、播磨の国坂越の浦に流れ着き、その地で大荒大明神という怨霊となった。かつての太子の寵臣はそこで穢れたものに生まれ変わる。

その河勝を初世とするのが、申楽の大和四座のひとつ、金春家です。
その金春家には、河勝が物部守屋の首を討った功によって与えられた仏舎利と翁と鬼の面が伝わるといいます。

奈良豆比古神社(ならつひこじんじゃ)の翁舞(おきなまい)

太子は河勝に六十六番の物まねを舞わせたのが申楽のはじまりといいます。神楽の衣ヘンをとって申楽という。

その六十六番を一日で舞うのはむずかしいために、式三番ができた。能が成立する以前の翁申楽の様式をとどめるのが式三番であるといわれていて、父尉(ちちのじょう)・翁(おきな)・三番叟(さんばそう)からなる式三番のうち、現在の能では、翁を能楽師が、三番叟を狂言師が担当する形で演じられます。

梅原さんはその翁の舞に注目する。」そして、その原型に近い形を、奈良豆比古神社(ならつひこじんじゃ)の翁舞(おきなまい)に見いだします。



奈良豆比古神社の翁舞は「三人翁」といわれて、通常の能の翁がひとりのシテによって舞われるのと違い、文字通り、三人の翁によって舞われます。その「三人翁」の舞に、梅原さんは、もともとの白い翁と黒い翁が演じていたはずの翁舞の原型を見出します。

私はこの奈良豆比古神社の翁舞は翁舞の謎を解く手掛かりを与えてくれると思う。つまり一家の中に「白い翁」と「黒い翁」の身分の差がはっきり出たのである。翁舞は確かに世阿弥の言うように「国穏やかに、民静かに、寿命長遠」の舞なのである。しかしその舞い手の中には深い哀しみ即ち黒い運命の人が存在しているのである。能楽師は金春家のみならず全て秦河勝を祖と仰いでいる。河勝自身は聖徳太子の無二の中心であり、高い位に上った人である。しかし同時に藤原氏の蘇我氏滅亡の陰謀によって赤穂の坂越に流罪になり、大怨霊となった人である。とすれば河勝は「黒い翁」なのである。
梅原猛『うつぼ舟I 翁と河勝』

藤原氏の陰謀によって「黒い翁」となった河勝と、それ以降も平安朝遷都などで頼りにされた秦氏の別の系統があった。それを梅原さんは<一家の中に「白い翁」と「黒い翁」の身分の差がはっきり出た>という。そこでは秦氏のなかに浄と穢、つまり「白い翁」と「黒い翁」が同居する。

能楽史から中世をみる

さらに梅原さんは、この「白い翁」と「黒い翁」のの舞に、西洋のアポロンとデュオニソスの関係を見つつ、仏か神かが判然としない摩多羅神信仰と翁舞の関係を探っていきます。

この本では、そうした翁舞と能楽の祖とされる秦河勝にフォーカスを当てながら、能=申楽のルーツを探っています。そして、いま読んでいる続編の『うつぼ舟II 観阿弥と正成』では、いよいよ能の大成者である観阿弥・世阿弥親子に焦点をあてていきます。

それとあわせて折口信夫さんの『日本芸能史六講 』や白洲正子さんの『世阿弥 花と幽玄の世界』を読んだりしていますが、この能を中心にした芸能史から中世をみるという試みはなかなかスリリングでおもしろい。

古代からつながる呪的な性質をもった芸能をその呪能を一部維持しながらも、観賞可能、あるいは、参加可能な芸へと変換していく。
かつて松岡正剛さんが『日本数寄』で、「複式夢幻能は世阿弥や観世長俊などの作家がつくったシステムであり、それをリリースできるのは演能者たちだけ」で、「だれもが参加するというわけではなかった」けれど、「能楽よりあとに出現してきた茶の湯などでは、そこにだれもが主客を入れ替えながら入っていけるようなシステムになってきた」と書いていましたが、そうした中世における芸能の流れのなかにも、徐々に文化が民衆レベルのものに移り変わっていく変遷をみることができます。
もちろん、そこでは社会的な犠牲をともなった大きな変換があった。

僕はそうした流れを経た芸能・職能の末裔として、僕たち自身のものづくりというものを捉えなおす必要があると感じています。なぜ世阿弥が佐渡に流罪となり、なぜ利休や織部が自刃しなくてはならなかったか、を。
でなくては、まさに昨日「物事へのこだわりと元気のなさ」で書いたとおり、僕らはどんどん物事をこだわりをもって感じ取るセンスを失っていくだろうと思うからです。

賤視と畏怖の目に晒された職・芸というものをちゃんと捉えなおす作業が今後ますます重要になってくるものと考えます。



関連エントリー

"うつぼ舟I 翁と河勝/梅原猛" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。