2006年04月26日

村上隆時代の終わり、日本アート空白の時代の再来

さて、そろそろ真面目に批評を書いておこう。

今回の件で露呈したのは、村上隆のアートがもはや時代遅れになってしまったという事実なのではないかと思っている。

東浩紀さんが簡潔にまとめているように、村上氏のアートは現代を映し出しているという意味において、はじめてアートとして有効に機能してきたといえます。

村上氏の美術活動の中心は、現代社会を満たしている商業主義的アイコンを借用し、パロディ化し、価値転倒を行うことにあります(と書くと左翼っぽいですが、現代美術はもともとそんなものです)。その戦略はアンディ・ウォーホルのオタク版アップデートとでも言ったもので、いままではおおむね有効に機能してきました。

しかし、村上氏が図らずもこう述べています。
「DOB君」の世界観は誕生させて10数年, ゆっくりと育てて来たものです。

そうなんです。DOB君は10数年前に誕生した作品です。
そして、それは「ゆっくり育て」られてきたものです。
この時点で時代遅れになる可能性があったということはできないでしょうか?

「10数年」といえば、社会は大きく変化したといえます。

Googleはまだ創業していませんでしたし、Yahoo!も創業したかどうかというところです。
当然、インターネットはまだ芽生えたばかりで、Windowsもまだ3.1でした。
ヒトゲノムもまだ解析されていませんでしたし、情報理論の創始者クロード・シャノンもまだ生きていました
東西ドイツは統一されたばかり(1990年)で、EUが発足したのも1993年です。
平成にもなったばかりでした(1990年が元年)。

その間、オタクは日陰の存在から、国内はもちろん海外でも通じる表舞台に立ちました。
同じようにジャパニメーションという言葉があるほどで、日本のアニメは海外でも当たり前のように受け入れられるようになりました。
そこに村上氏の貢献があったことは間違いありません。
しかし、それは過去の話で、アニメもオタクもメジャーデビューした今、アートに何ができるかというと甚だ疑問があります。
アニメやオタクはもはや空気のような存在で、むしろ、ウィルスのように世間に蔓延しているのは、Web2.0を含む新たな情報社会の到来だったりするのではないでしょうか?

「村上隆時代の終わり、日本アート空白の時代の再来」の続き
posted by HIROKI tanahashi at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする