INAのArchives pour tous 文化における見る価値と保存する価値

自国の文化に対するフランスの姿勢をまざまざと感じます。 フランス国立視聴覚研究所(Institut National de l'Audiovisuel)は、4月27日より、10万本にもおよぶ、テレビ番組、ラジオ番組をネット公開している。 「Archives pour tous(アーカイブ・フォー・オール)」と名づけられたこのサービスより、1920年代のファッションショー、1968年の5月革命、ヌーベルバーグなど、さまざまな映像/音声を視聴できるようになった。 フランス国立視聴覚研究所(INA)がネット公開した番組10万本の衝撃:B3 Annex 国主導でこうしたアーカイブを行い、それを公開するというあたり、フランスという国が、自国の文化を明確な形で自国のブランド価値、無形資産として位置づけ、自国の利益創出のためにマネジメントしようとしていることがよくわかります。 それはこんな制度にも現れているんじゃないでしょうか? そもそもフランスでは、法定納品制度という法律があり、国内のすべてのテレビ・ラジオ番組がこのINAに納められているそう。今回はその膨大な情報がインターネット上でも公開されたということになります。 フランス国立視聴覚研究所(INA)のアーカイブ10万件がインターネットで閲覧可能に。:BLOG d'Aile Aileさんによれば「フランスは92年の法律でINAに保存を義務付け、3年で所有権も譲渡する事になっている」んだそうだ。 (このへんの事情を含め、INAやA…

続きを読む

村上隆時代の終わり、日本アート空白の時代の再来

さて、そろそろ真面目に批評を書いておこう。 今回の件で露呈したのは、村上隆のアートがもはや時代遅れになってしまったという事実なのではないかと思っている。 東浩紀さんが簡潔にまとめているように、村上氏のアートは現代を映し出しているという意味において、はじめてアートとして有効に機能してきたといえます。 村上氏の美術活動の中心は、現代社会を満たしている商業主義的アイコンを借用し、パロディ化し、価値転倒を行うことにあります(と書くと左翼っぽいですが、現代美術はもともとそんなものです)。その戦略はアンディ・ウォーホルのオタク版アップデートとでも言ったもので、いままではおおむね有効に機能してきました。 村上隆と知的財産権:渦状言論 しかし、村上氏が図らずもこう述べています。 「DOB君」の世界観は誕生させて10数年, ゆっくりと育てて来たものです。 現代美術家 村上隆が訴訟提起した著作権侵害事件の和解による終了について そうなんです。DOB君は10数年前に誕生した作品です。 そして、それは「ゆっくり育て」られてきたものです。 この時点で時代遅れになる可能性があったということはできないでしょうか? 「10数年」といえば、社会は大きく変化したといえます。 Googleはまだ創業していませんでしたし、Yahoo!も創業したかどうかというところです。 当然、インターネットはまだ芽生えたばかりで、Windowsもまだ3.1でした。 ヒトゲノムもまだ解析されていませんでした…

続きを読む