本は「欲しい」という前に買え

本は「欲しい」という前に買え。そう思います。

よく本が読めないとかいう人がいますが、そういう人に共通してるのはまず読めないという前に、読む本をもってないでしょ、ってこと。
そりゃ、持ってなければ読めません。読むためにはまず読むべきものを所有することです。そこからです。しかも、1つじゃなくて常に複数読みたいものを所有しておくこと。それもできるだけいろんな種類のものであった方がいい。

ちなみに僕はこうしてます。

  • 手元に常に読もうと思える本が複数ある状態にしておく(本が読まれるのを順番待ちにしている状態)
  • 選択肢は多様性をもった状態にしておく(さまざまな分野の本を用意しておいて、飽きたら別のを読める状態にする)
  • そんな状態をつくっておくために本は気になったら迷わず買う(ブックマークに「欲しい」とか「検討中」とか「あとで買う」とか書いてる場合じゃない)
  • 常に本を物色している状態になる(特定の分野に固執しない。特にWebやってる人がWebの本にしか興味をもっていないのは最悪)

と、まぁ、こんなことしてれば、読まなきゃひたすら本がたまっていくだけなので、否応にも読むようになるでしょ。多少、がんばって無理やり読もうとするくらいじゃなきゃ、そりゃ、いつまで経っても本を読めるようになんてならないですから。

結局、本に興味をもつ目、本を選ぶ目って、その人の好奇心の広さ・深さであり、その人の問題意識の広さ・深さなわけですよ。自分がどれだけ普段問題意識をもって生活できているか。そこです。問題意識をもたずに過ごしてたら、そりゃ成長しないですよね。
というわけで、迷ったら買え。自分の知らない本にとにかく興味を持て。ということでしょうか。

最近買った本

そんな感じで、最近、迷わず買ったのは、こんな本たち。

  • ヴィジュアル・アナロジー―つなぐ技術としての人間意識/バーバラ・マリア・スタフォード
  • グッド・ルッキング―イメージング新世紀へ/バーバラ・マリア・スタフォード
  • ポストメディア論―結合知に向けて/デリック・ドゥ・ケルコフ
  • サブジェクトからプロジェクトへ/ヴィレム・フルッサー


   

  • 山水思想―「負」の想像力/松岡正剛
  • 外は、良寛。/松岡正剛
  • ワークショップ人間生活工学〈第1巻〉人にやさしいものづくりのための方法論
  • かくれた次元/エドワード・ホール


   

関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 本と人は一期一会。
  • Excerpt:  勝手に師匠と崇めている(リアルは勿論、ネット上ですらやり取りがないのにw)棚橋さんのブログから。  http://gitanez.seesaa.net/article/97431484.html ..
  • Weblog: FREE TIBET - KINDの日記 -
  • Tracked: 2008-05-21 14:02