魂の話のエントリーに助けられる

昨日「」の話を書いたのに、実は今日はどういうわけか、魂が抜けたかのようにちょっと凹み気味の一日。

「デザインってなんだろ?」とか悩みながら一日を過ごしました。

でも、そんな魂の話のエントリーに、コメントとトラックバックを1つずつもらって元気が出た。ありがたい。

ほんとに信頼できる仲間は、そばにいてほしいと思ったよね。自分一人でやるんじゃないって。
「高橋吾郎、魂を語る」『Free&Easy January 2008』

こういうときこそブログ書いててよかったなって思います。



関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック