ここ数日で買った7冊の本

ここ最近買った7冊の本をご紹介。

これまでなんとなく敬遠していた感性工学ですが、最近、あらためて興味をもちはじめたので手始めに下記2冊を購入。

デザインと感性/広川美津雄ほか
感性工学―感性をデザインに活かすテクノロジー/長町三生

 

で、感性工学に浮気しつつもやっぱり認知科学はおもしろいな、と。いま読んでる『認知科学への招待―心の研究のおもしろさに迫る』の続編も買いました。

認知科学への招待2/大津由紀雄ほか



ヒトと道具の関係についても興味あり。そのもののずばりの道具に関する本とヒトにとっては重要な道具である"ことば"に関する本、そして、パースにはじまるプラグマティズム(実用主義、道具主義、実際主義)に関する本を購入。

道具学への招待/道具学叢書委員会 編
あたらしい教科書〈3〉ことば/加賀野井秀一ほか
断片化する理性―認識論的プラグマティズム/スティーヴン・P・スティッチ

  

そして、最後はもやしもん。おまけつきもあったらしい!

もやしもん 5―TALES OF AGRICULTURE/石川雅之

 

さて、どれから読もう。

関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック