2016年12月01日

「ルネサンス期の蒐集家たちに学ぶ”未知”との付き合い方」と「想像できるからこそ世界はデザインできる」

完全にこちらのブログは更新が止まっていますが、会社のブログのほうに2つ記事を書いたので紹介。

ルネサンス期の蒐集家たちに学ぶ”未知”との付き合い方


"理解する"ことと"創造する"ことの深いつながり。従来の文脈とは異なる価値=意味をもたらすイノベーションが求められる時代だからこそ、未知の物事を自分自身で理解、解釈する力が求められているのだと思う。そんな考えをひさしぶりにブログ記事の形で書き出してみた。

想像できるからこそ世界はデザインできる


プラトンやアリストテレスなどのギリシアの哲学者は、哲学は驚きからはじまると言った。驚きこそが知的探求のはじまりにあると。
けれど、同じものをみても、驚けるかどうかは見方次第である。ゆえに知とイメージ力は関係する。
そして、なによりイメージする力、想像する力がなければ、思い通りの世界はつくれない。
そんな関係性をブログにまとめてみた。

興味のある方はご一読いただければ。
posted by HIROKI tanahashi at 23:43| デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする