What's inspire me ?さんから未来を描く方法を教わりました。

UCDだったり、ペルソナだったり、マジ使えます。」でちささんの「現場ってどこにある?」というエントリーを紹介したら、本人からとても参考になるトラックバックをいただきました。

未来は過去からの延長線上にだけあるのではない、今ここから作り出すものであるとずっとずっと思っています。イチロー選手もよく言いますね。コーチングも基本理念は同じです。今の自分や現実解ではなくて、未来を発明し思いっきり贅沢に五感をフルに使って、その未来に見えるもの、匂い、雰囲気、気持ち、味、色などなどをできるだけリアルに感じ、描きます。

僕はこの未来を描く手法として「ペルソナ」を紹介しましたが、ちささんは上の引用も含むエントリーで「バックキャスティング」という手法を紹介してくれています。
これがまた良エントリーです。

もうこれ以上は、何も言いません。
とにかく読んでみてください!

⇒ バックキャスティングのススメ (What's inspire me ?)

関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 動的にも静的にも未来を考える
  • Excerpt: 未来を予測する手法には「動的な考え方」と「静的な考え方」があるように思います。
  • Weblog: arclamp.jp アークランプ
  • Tracked: 2007-03-22 23:53