Web屋2.0

世の中、思った以上に2.0なのかもしれませんね。

昨日書いた「Webサイトをどうつくるかを決めるのはWeb屋でなくビジネス」という話。あれ、よくよく考えてみると、やっぱりそれだけ一般企業のなかにもWebの重要性が浸透してきているということなんでしょうね。
一般の企業に浸透すれば、自社のビジネスにWebをどう活かしていくかという話になるのは当然の流れなのでしょう。

僕はWeb2.0というものを技術的な意味では捉えていなくて、もっと単純にWebの利用者増、一人当たりの利用機会増、そして、利用目的の多様化という具合に、利用者ベースで考えているのですが、ビジネスシーンでもようやくそういう意味での2.0の波が起きてきたのだなとあたらめて実感してるわけです。

要求2.0

さて、一般企業が2.0化すれば、Webとビジネスの関係がより強化されるという意味において、一般企業がWeb制作会社やWebコンサル系の会社に対して求める要求事項もよりビジネス寄りのものになる形で要求自体が2.0化します。

単にWebサイトを作ることから、SEOなどの手法を用いたマーケティング効果が期待できるサイト作りやプロモーションの提案、そして、さらにはより広い意味でビジネスそのものに成果を生み出すWebとビジネスの連携強化の提案へと。

こんな感じでしょうか?

demand

Web屋2.0

その意味でWeb屋のほうでは「Webサイトをどうつくるかを決めるのはWeb屋でなくビジネスオーナーであるあなたがたですよ」ということをお客さんにきちんと理解していただくと同時に、シックスシグマバランススコアカードのフレームワークを用いながら、お客さんといっしょに、お客さんの会社が顧客に対して行なう価値提供プロセスのうちにWebをどのように組み込むかを考えられるようなスキルをもつことが必要になってくることも一部にはあったりするのでしょうねと思います。

Webありきの解ではなくて、あくまで顧客への価値提供を行なうビジネスプロセスありきで、そのプロセスの改善、新たな価値提供プロセスにWebをいかに組み込んでいけるかというところから要求開発ができるようになれば、それこそWeb屋2.0なのではないか、と。シックスシグマやバランススコアカードのアプローチって、顧客視点でプロセスを管理するという意味でも、事実データの測定~分析をベースにビジネスのマネジメントを可能にするという意味でも、Webとの相性はいいと思ってます。

とりあえず、Webの技術的な革新だけでなく、WebというアプリケーションとビジネスというアプリケーションをつなぐAPIとして、シックスシグマやバランスト・スコアカードなどのフレームワークを自由に使えるようになってはじめて、ビジネスの分野でもWeb2.0が意味をもったといえるのかな、と。
それにはWeb屋のいっそうの努力が必要だと思うわけです。

関連エントリー

 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック