小さな宇宙の小さなブログ:DESIGN IT! w/LOVEの1周年に

ちょうど1年前の11月18日にはじめた当ブログも今日でようやく1周年を迎えました。

最初はただの「DESIGN IT!」だったのを、2ヶ月ほど経った時点でいまの「DESIGN IT! w/LOVE」に変更しています(参照:「ブログの名前を変えた」)。そして、実名でのブログに変えたのは割と最近で9月3日のことです(参照:「実名ブログに変更」)。

以下で、主なエントリーのリストを作成してみて、あらためて感じたのはブログってやっぱりWeblogですねってこと。ちゃんと自分がその当時考えてたこととか、ログとして残ってました。ブログを書いてなきゃ忘れてしまってたことや、逆にずっとおんなじ問題を追いかけてるんだなって思うこともありました。
皆さんが知ってるエントリーがこの中にあるでしょうか?


年月該当月のエントリー数該当月の主なエントリー
2005年11月14特になし
2005年12月73サーチ・エコノミー
2006年1月70美術市場における複製の歴史的意味
ミラーニューロンという猿真似ニューロン、あるいは、創造の過程としての複製
Googleのトラフィック変化とサービスリリースの関係
ビジネスの場における一段階淘汰と累積淘汰
2006年2月26RSSリーダーにもファッションセンスが必要
下層が標準化されると上層のデザインは多様性を実現できるようになる
サステナビリティ(持続可能性)
2006年3月42イノベーター理論とネットワーク分析
情報デザインおよび組織デザインにおけるツリー構造とリンク構造
「境界」から「関係性」へ
「最初の2秒」と「みんなの意見」が正しい
2006年4月30Webマーケティングはまだまだ2.0じゃないでしょ
名古屋というノイズと脳の戦い
Web関係者の中でのWeb2.0デバイド
量子が変える情報の宇宙 ハンス・クリスチャン・フォン=バイヤー
村上隆時代の終わり、日本アート空白の時代の再来
企業ブログの使い方
2006年5月44ブロゴスフィアで起こる「批判」の応酬を鎮めようとすればNP完全問題にぶつかるかもしれない
HCIとHIIの階層構造、生命情報/社会情報/機械情報の階層構造
タンジブル・ビッツ
アンビエントに存在する情報たち
情報社会学序説―ラストモダンの時代を生きる 公文俊平
Web/ブログを使った企業理解の促進/企業ブランドの形成
2006年6月33日本的「空」「間」、西洋的「空間」
メディアとコンテンツ
企業のWebマスターのための「せめてこれだけは使っておこう」
ロングテール現象はパレートの法則とまったく対立しない
インタラクション・デザイン:行動とフレーム
神社にとって本質的な要素は社殿ではなく鎮守の杜
やさしさに包まれたなら
ネットワーク社会で必要な認知のツール、認知のための思考法
セグメンテーションとターゲティング:誰が認知するのか?
2006年7月52Web2.0的でない企業にはWeb2.0サービスはできない
優れた基本設計だけが上位層の無理な設計変更も可能にする
SBMやRSSリーダーからのアクセスを増やす
クリエイティブと著作権
ブログを書くことはスポーツをすることと同じだ
記録と記憶:2つの異なる消滅のタイミング
あるマーケティングの終わりとその犠牲者
このヒトを見よ 03:リソース
2006年8月65個人間の会話と信頼の確立はWeb2.0によるビジネスの変化をもたらすのか?
間違えを恐れるあまり思考のアウトプット速度を遅くしていませんか?
流入キーワードもベキ分布だった!
イニシャルからランニングへ
対数の世界でのマーケティング
制御された不完全な秩序とカオスの中に芽生える秩序
顧客が企業にアウトソーシングしていたものが返還されはじめている
科学のみならず人生全般にも当てはまる教訓
企業への信頼、企業で働く人への信頼
2006年9月57Webサイトの内と外
バズワード
「結局はコンテンツが大事」だというのと「Webはまだまだ2.0じゃない」ということの相関関係
「終焉」と「未来」
今日も食べられずに済みますように。
SMO:ウェブをブログ化する(ついでにここのトラフィック・データも開示)
May the Force be with you.
「私にしかできない仕事というのは組織では幻想」というのは幻想
尺度:Webマーケティングの効果測定を見直す
口コミの舞台設計
ユーザビリティって単にユーザーインターフェイスの問題ではないよね
2006年10月46コンテンツ不足、コンテンツを生み出す人材不足
個体という乗り物、企業(サイト)という乗り物
わかってしまうとわからないことも
Webは既存のビジネスを代替してる?それとも・・・
積み重なると増える、増えるとつながるってことかな?
ゲームやテレビの世界の複雑さを非線形的に認知する
作業を増やすことが価値を増やすことがある
「むずかしい」って嘆かない努力をしましょう
あらためて「費用対効果」って何なのでしょう?
私的インフォメーション・アーキテクチャ考:0.何を行うのかの定義
Œil de bœuf
Webブランディングって?
パーソナル・ブランディングと企業のブランディング
ブランド=ニッチ:それぞれの環境に適応したそれぞれの表現形
2006年11月22Webはブランドの心を増幅する
私的インフォメーション・アーキテクチャ考:番外編:サバンナに合うように設計されたヒトの意識
自分自身で考え、定義してみること
パースの記号学とホフマイヤーの生命記号論とブランドの関連性
事業会社にとってのWeb2.0:Webサイトの問題点を改善するだけでよいの?
事業会社にとってのWeb2.0:その2.Web構築・運用は企業経営の縮図
売れてナンボとサステナビリティ:いま売れることと将来も売れ続けること
私的インフォメーション・アーキテクチャ考:8.構造と要素間の関係性:文脈の生成
企業のWebマスターのせめこれ8:忙しくて(ブログ、Web)を更新できないなんてウソだよね


合計で、574エントリー。1日1.5エントリーは書いてるってペース。
で、今回のこのエントリーが575エントリー目です。

あと忘れかけてましたけど、この1年の3分の1は名古屋で暮らしてたんですね。
名古屋時代のエントリーなんか、懐かしく思えます。

『マーケティング2.0』に何書こうかといろいろ試してみていたエントリーなんかもありますね。

で、見てるともっとも熱かったのが2006年5月だなって思いました。そして、ある意味、このブログにとって転機になった6月。この頃から読まれる方が一気に増えましたね。
この1年、このブログを通じて、たくさんの素敵な方に出会えたのも1年続けてみて得たことだったと思い、出会えた皆さんに感謝しています。ありがとうございます。

小さな宇宙の小さな地球の小さな個人が書いてるブログですが、この先も小さくてもいいからきっちりと自分の宇宙観を表現できるものにしていければいいなと思いました

魂、思想、世界観、そして、夢。
そんなものを小さな空間にためこんで。

これからもどうぞ DESIGN IT! w/LOVE をよろしくお願いいたします。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック