Webユーザビリティ再考

今日、ちょっとしたきっかけで、Webユーザビリティについて、あらためて考え直そうって思いました。
ユーザビリティってよく「使いやすさ」とか日本語で訳されるけど、それよりも「それ、使えるの? 使い物になるの? なんか使って役に立つの?」って具合に捉えたほうがいいんじゃないかと思ったわけです。

ユーザビリティは、ISO9241-11では、

特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効性、効率、ユーザの満足度の度合い。

と定義されていて、それぞれ、
  • 有効性 (Effectiveness): ユーザが指定された目標を達成する上での正確さ、完全性。
  • 効率 (Efficiency): ユーザが目標を達成する際に、正確さと完全性に費やした資源。
  • 満足度 (Satisfaction): 製品を使用する際の、不快感のなさ、及び肯定的な態度。
  • 利用状況 (Context of use): ユーザ、仕事、装置(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が使用される物理的及び社会的環境。

と説明されていますが、いまさら気づくのも遅いんですが「有効性」ななければはじまらないなとあらためて思いました。

先日、「「私にしかできない仕事というのは組織では幻想」というのは幻想」で、アウトプット要求とサービス要求の話を書きましたが、ユーザビリティの場合、「有効性」がアウトプット要求で、「効率」と「満足度」がサービス要求にあたるんでしょうね。

Jesse James Garrettの5 Planes Modelで組み立てたほうがいいだろうなって思いました。

これですね。

  • 戦略(Strategy):ユーザーニーズ/サイトの目的
  • 要件(Scope):コンテンツ要求/機能要件
  • 構造(Structure):インフォメーション・アーキテクチャ/インタラクション・デザイン
  • 骨格(Skelton):インフォメーション・デザイン/ナビゲーション・デザイン/インターフェイス・デザイン
  • 表面(Surface):視覚的デザイン

「特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際」というのを「戦略(Strategy)」で5W1H(なぜ、誰が、何を、いつ、どこで、どのようにして)に基づき決めて、さらにそれを具体的な要件に落とし込む。あとはまあ、それを設計で具現化していけばスムーズなのではないかと思いました。

それには戦略のところでブレないよう、いまのユーザーのWeb利用シーンをきちんと把握しておかないとダメですね。単にサイトの中だけで完結したんじゃ、おそらく戦略のところは大きくブレるんじゃないでしょうか。
というのも、このブログで取り上げてきたようなベキ分布するようなWebのネットワークだったり、携帯電話をはじめとする様々なデバイスでの閲覧だったり、そもそもサイトではなくRSSでコンテンツを閲覧する状況だったり、通常のWebサイトに比べてたぶんユーザビリティのよいブログだったり、OPERAのユーザースタイルシートといった機能だったり、SMOやSEOだったりといったことを総合して考えると、ほんのすこし前ならまかりとおっていたユーザビリティのお作法って根本的に考え直す時期なんじゃないかと思ったわけです。

この課題は、明日からちょっとずつ手をつけていこうと思います。

 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック