MarkeZineに「サステナビリティ(持続可能性)をマネジメントする」を寄稿

MarkeZineに連載させていただいている「ビジネスマンのための必読オンラインマーケティング塾」の第3回目の記事として、「サステナビリティ(持続可能性)をマネジメントする」を掲載していただきました。

従来的なセグメンテーション~ターゲティングはどちらかといえば、静的なスナップショットとしてユーザーの傾向をとらえるものだったと思います。しかし、常設型のWebサイトを中心にマーケティングを考える場合、ユーザーニーズや競合関係、社会環境は常に変化するものとして、その動きを常にとらえた動的なセグメンテーション~ターゲティングを行う必要があります。

どちらかといえば目先のプロモーションに走りがちなイメージのあるマーケティングに、サステナビリティ(持続可能性)という中長期的な視点を取り入れるにはどうすればいいか、また、なぜそれが必要なのかについてまとめさせていただきました。

興味のある方はご一読いただけると幸いです。

MarkeZine:第3回 サステナビリティ(持続可能性)をマネジメントする
http://markezine.jp/a/article.aspx?aid=77&p=1


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック