はてなのトップページの人気エントリーに掲載された影響の考察(あるいは「せめこれ3」)

はてなのトップページの人気エントリーに掲載される(該当エントリーは「企業のWebマスターのための「せめてこれだけは使っておこう」」)と、どんな数字の変化が見られるか?

企業のWebマスターのための「せめこれ2」」でもすでに一度、実際の数字をご紹介しましたが、1週間弱経って数字も安定してきたようなので、あらためて最近の数字の変化をお見せすることで、その効果を考えてみたいと思います。

アクセス数への影響

まずはここ10日間のアクセス数(訪問者数、該当エントリーのみの訪問者数、ページビュー)を示したグラフから。

0615a.jpg

該当エントリー「企業のWebマスターのための「せめてこれだけは使っておこう」」は6月8日の夜にアップして、翌6月9日に人気エントリーとして、はてなのトップページに掲載されていました。
一目でわかるように、9日の数字が突出しています。

また、もう1点、確認できるのは、9日を境に訪問者数の平均値があがっていることです。

この要因を理解するため、もうすこし詳しい数字を、今度は表で見てみましょう。


日付訪問者数「せめこれ」の訪問者数ページビュー主なエントリー左のはてブ数
6月5日766-5,039脳と創造性「この私」というクオリアへ / 茂木健一郎8 users
6月6日677-4,015なし-
6月7日757-4,313日本的「空」「間」、西洋的「空間」12 users
6月8日747304,318メディアとコンテンツ
企業のWebマスターのための「せめてこれだけは使っておこう」
23 users
346 users
6月9日3,7173,17210,079偶然とは何か/イーヴァル・エクランド13 users
6月10日1,6561,0515,749企業のWebマスターのための「せめこれ2」50 users
6月11日1,7066148,480ロングテール現象はパレートの法則とまったく対立しない80 users
6月12日1,6404356,513伊勢神宮:1 2000年の歴史をもつ神の居る場所
伊勢神宮:2 20年周期の式年遷宮にみる4次元デザイン
1 users
1 users
6月13日8921484,711なし-
6月14日1,2181155,360インタラクション・デザイン:行動とフレーム42 users


9日を境にアップしたエントリーに関しては、それ以前よりブックマークしていただいた数が多いのがわかります。
とはいえ「伊勢神宮」関連エントリーや「偶然とは何か」をみてもわかるとおり、なんでもブックマークしてもらえるようになるというのではないようです。
これまでも10くらいはブックマークしてもらえたようなエントリーが、より数多くの人にブックマークしてもらえるようになったということだと理解したほうがよさそうです。

先ほど9日以降、アクセス数の数字の平均値が伸びたと書きましたが、背景としてはこうしたことも影響しているようです。
言い換えれば、これまでより当ブログの注目度はすこし高まったといえそうです。
ありがたいことです。


RSSリーダー登録数への影響

さて、もう1つの数字への影響として、RSSリーダー登録数が増えたことがあげられます。
こちらもまずグラフから。

0615b.jpg

どのRSSリーダーの登録数も軒並み上昇していますが、パッと見て目立つのは、livedoor Readerの伸びです。
これも表にすると、


RSSリーダー6月9日以前6月10日6月14日増加率増加数
livedoor Reader92106137148.9%45
Bloglines667180121.2%14
feedpath767781106.6%5
はてなRSS323947146.9%15
上記4リーダー合計266293345129.7%79


となっています。
この数字を見ると、いま一番アクティブなのは、livedoor Readerなのかなと思ったりします。
あるいは、はてなとの相関関係が一番高いということなのかもしれません。
いずれにせよ、これだけのデータでは確かなことはいえませんが、おもしろい傾向だなと思います。

企業のWebマスターのための「せめこれ3」

というわけで、この間の「せめこれ2」に引き続き、はてなブックマーク数とアクセス数やRSSリーダー登録数の関係をみたわけで、これくらいなら他に仕事をしていても、週に2回ぐらいは数字をみて、この程度のレポートにすることはできるわけです。

企業でWebマスターをされている方からよく聞かれるのは、「アクセスログ解析の仕方がわからない」という声だったりしますが、それはアクセスログ解析をむずかしく考えすぎていたり、あるいは本当の意味でアクセスログ解析を使って自分の会社のサイトのことを考えようという意欲が少なかったりするだけなんじゃないでしょうか?
あるいは、最初の「せめこれ」で書いたような意味で、自分自身が普段からWebを使っている経験が乏しいがゆえに、数字をみてもそれをユーザー体験として還元して考えることができなかったりするのではないでしょうか?

おそらく、そういったWebマスターの方々に決定的に欠けているのは、専門的な知識なのではなく、基本的な意欲や普段のWeb経験であるなのではないかと思います。
むずかしい勉強をすることではなく、普段の努力でなんとでもなるWeb経験の量です。

大事なことは技術的な知識を豊かにすることよりも、ユーザーエクスペリエンスの最大化に向けて自身の経験値を高めることではないかと思います。

関連エントリー

 


この記事へのコメント

  • logos-sequence

    はじめまして。パレートの法則についてのカキコミを検索していてここに来ました。分析力が凄いですね。また来ます/
    2007年02月07日 23:19

この記事へのトラックバック