“はてな”が大手新聞社サイトを抜き去った件に関する考察

参加型サイト“はてな”が大手新聞社サイトを抜き去った日」で、hatena.ne.jpの総PageViewがあまたの大手新聞社を抜き去ったと書いた件。

FIFTH EDITION(pal)さんにも紹介してもらったりもしてるけど、よくよく考えてみると、このPageViewの多さの最大の原因って、Feedファイル(.rdf、.xmlなんかね)にアクセスしてくるRSSアグリゲータによるアクセスがかなり含まれるんじゃないかって思った。

自分のブログのアクセス数を見てる人なら、ある程度、感覚的にわかると思うけど、普通に個人ブログでもFeedファイルへのアクセス数って結構な割合を占める。

で、はてなってどういうサイトでしたっけ?って考えると、個人のdiaryをはじめ、ブックマークのお気に入り、RSSリーダーのRSS、人力検索などなど、数え上げればきりがないほど大量のFeedファイルがある。
とうぜん、RSSを登録している人の数も多いよね。
それは新聞社のサイトなんてかなわないくらい。
ユーザー層を考えても、どっちがFeedを自分のリーダーに登録するユーザーが多いと思う? でしょ。

推測でしかないけど、これがたぶんページビューの多さの答えだよね。
ということを考えると、必ずしも人間が見てる数が多いんじゃないのかもって思いました。

RSSに、ページ遷移のないAjax。
いや~、この時代、ほんとにPVだけじゃまったく人気は測れなくなりましたね。

それから、もう1つ。2月っていう時期。
正確には1月半ばあたりくらいから伸びてるわけだけど(グラフ)、これってなんだっけ?って考えてみる。
そしたら、『ウェブ進化論』人気に火がつき始めた時期じゃない?
言い方変えると、『ウェブ進化論』ブームで「Web2.0」ってワードがそれ以前より広く浸透しはじめたのともかぶる。
ついでにいうと『「へんな会社」のつくり方』もこの頃でしょ。
時期が2月ってのはそういうとこが原因だろうね。
(ちなみに新聞社のサイトがその直前に軒並み延びてるのは「ホリエモン=ライブドア」効果だね、きっと)
まぁ、これも推測。

追記(2006/05/14 20:37)
R30さんがトラックバックしてくれたエントリーにあった、ブロガーのニーズとしての「Feedアクセス解析」ついて新しくエントリーを立てました。

 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • PVではなくFeedがウェブの価値基準になる?
  • Excerpt:  今年初めぐらいからあちこちで言われていたことが少しつながったような気がしたのでメモ書き。  気になっていた1つめは、こちらのブログでさりげなく書かれていた話。
  • Weblog: R30::マーケティング社会時評
  • Tracked: 2006-05-14 07:40