メディアの発生―聖と俗をむすぶもの/加藤秀俊

旅に出たくなる本です。
また、僕らにはすっかり馴染みのなくなってしまった浪花節や盆踊り、落語などの芸能にも触れたくなる一冊です。

実際にこの本に登場した、香川県にある旧金毘羅大芝居「金丸座」を訪れてみました。

金丸座の舞台


日本最古の芝居小屋として国の重要文化財として指定されている芝居小屋で、いまも毎年春に、「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が開催されている場所です。歌舞伎小屋の原型であるばかりでなく、客席などの作りは相撲が行われる国技館などの原型ともなっているそうです。

さいしょに建設されたのが天保6(1835)年だというから、ずいぶん古い。こんな歴史的建造物があるのか、とわたしは感心して見物した記憶がある。(中略)毎年4月に名だたる名優がそろってこの「四国こんぴら歌舞伎」公園をおこなうことが年中行事となった。かんがえてみると、歌舞伎が大都市の劇場で連日講演される、などというのはごくさいきんのことで、むかしはこうして巡業の旅にでかけていたのがふつうだったのであろう。

地方を巡業して回る歌舞伎の一座。いまも4月の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」では、東京から一座が大人数でこの地に来て2週間から20日程度の期間に芝居を行うのだそうだ。旅はこの本のひとつのキーワードです。

さて、正面と客席上の葡萄棚天井の写真も載せておきましょう。

金丸座の正面 金丸座の葡萄棚天井


実際に訪れてみて、一度はこの舞台で歌舞伎を見てみたいと思いました。

芸能にとって大事な要素としての旅とリアルタイム性

さて、本書はそんな風に芸能がたどってきた歴史を文献だけでなく、著者自身の旅の経験を通じてひも解いてくれる本です。

日本の芸能史を扱った本としては、これまでも高橋睦郎『遊ぶ日本―神あそぶゆえ人あそぶ』を紹介しましたし、あるいは折口信夫さんを『古代研究―1.祭りの発生』『古代研究―2.祝詞の発生』も芸能の発生を扱った本ということができます。そうした本はどれも著者たちが文献のみならず、実際に現地に足を運んだ経験をもとに考察されていました。

本書もその流れに属していますが、この本ではその旅の様子がほかの本以上に魅力的に感じさせるのです。おそらく、それは著者が日本の芸能の大事な要素として、旅というものを考えていたからだと思います。旅のほかに著者は芸能の重要な要素として、リアルタイム性のようなものにも焦点をあてています。

メディアとしての芸能・芸能民

旅行にしても、浪花節や盆踊りにしても、じっと家に居て行うものではなく、外に出て身体ごとその時間、その場に入り込む形の文化です。参加型の文化だとも呼べるでしょう。それらは、家の中に閉じこもって見るテレビや、手のひらのなかのiPhoneで閲覧するインターネット情報のように、傍観者的に、対象から距離をおいて見る文化とは異なります。

いまはメディアと言えば、テレビや新聞や雑誌、インターネットなどで展開されるものをイメージされる方が多いと思いますが、本書がメディアとして扱っているのは、そうした文字や画像、映像で表現される視覚的なコンテンツを伝える媒体ではありません。

本書がメディアとして扱っているのは、平家語りや落語、三味線などの弾き語りをする盲目の女芸人である瞽女(ごぜ)の歌のような聴覚的コンテンツ、あるいは、能、浄瑠璃、歌舞伎に連なる舞台上のコンテンツ、さらには、『那智参詣曼荼羅』という絵図を使った絵解きによる熊野巫女の信仰解説、おどり念仏や盆踊りのような参加型のコンテンツまで含めて、ひとりの人間あるいは複数の人間が自身メディアとなって、人びとにその場限りで消えてなくなる声や音、身体表現を用いて伝える芸能です。

著者のことばを借りれば、神と人、あるいは、人と人をつなぐメディアとしての芸能またはそれを演じる人(びと)こそが発生時のメディアの形態ということになるのでしょう。

聴覚的で体験的な文化と視覚的で言語的な文化

テレビの情報も、インターネットの情報も、視覚的で、かつ、形が固定されたものです。
一方で、浪花節にしても盆踊りにしても、耳や身体でその場、その時間に参加して味わうもので、その形は固定されていません。ましてや旅ともなれば、自らの日常を離れて、非日常的な空間・時間に自らの積極的な体験を通じて飛び込むことになります。それは誰が受け取っても情報そのものには変化のないテレビやインターネットの情報とは異なり、受け手の積極的な関与によっては情報の形そのものが変化するインタラクティブな性質をもった情報です。

今様に熱中し、それを収集した『梁塵秘抄』を編纂した後白河法王を「のど自慢」狂いと看做して、現代のカラオケ文化とつないでみたり、現代にも、インタラクティブな性質をもった情報による文化が実は残っていることも明らかにします。この季節の風物詩的にもなりつつある、よさこいなどもそうでしょう。

その「のど自慢」は「歌合」という行事にまで昂揚した。もともと「歌合」というのはその起源は古くは「歌垣」までたどることができるだろうし、また吉凶を占う「年占」の洗練されたものとかんがえてもよい。類似のものを左右にわけて比較対照しながら均衡をとってゆく、といういわばヤジロベエ的なバランス感覚がそこにはある。各種の「職人歌合」などもその実例だ。

このインタラクティブな性質をもった情報というのは、さかのぼれば神との交信につながるというのは、僕のブログを読まれてきたからにはもはやおなじみでしょう。

そんな耳や身体を通じて味わう文化に焦点をあてて、現在の視覚と文字の文化生活との違いを浮き彫りしているのが本書です。著者が自分の体験を織り込んで描いた、遠い昔の耳や身体の文化のおもかげを感じて、あらためて現代の文化がいかに視覚的で、言語的で、かつ受動的なものかと感じた次第です。

経済と文化と生活

この文化においては、生活と文化と経済はより密接な関係に合ったように感じます。

例えば、著者が第1章でおとずれる、会津若松での初市での異質な事物の交流。それは市神がむすぶ、様々な交流。そこでは市日と祭日は同じ日です。交易そのものが神に属していて、異質なもの同士が重なり合うインタラクションに神聖をみている。著者は、そこで、市子=イチコという女性の物売りとイタコの重なりにも思いを馳せます。

初市などには神が勧請され、その勧請は神職が行ったのですが、著者はそれを「今の神社の神職ではない」といいます。村社会において霊力の強いものがそれに当たったのであろうと。それは神としての名前をもたない、無数の名もなきカミであっただろうと。

「イチコ」の原型は以上にのべたような民俗資料からあきらかなように無名の「カミ」を一時的に「神」として顕現化させたものであったから、それは稲荷になったり権現になったりかなり任意であった。その柔軟性にくわえて、交易活動が世俗の経済的な利益とつながることから「市神」はさまざまなカミによって代用され、また勧請されるようになった。とりわけ近世にはいってから商業活動が活発になり、商売繁盛のカミを代表して恵比寿さまが「神」として尊崇だれるようになってからはエビス信仰と市神が融合することもめずらしくなかった。

この名もなき、市神を代弁するのが市女で、彼女たちが聖なる世界に接近することができる霊能者であったということこそが彼女たちのメディア性=代弁性を保証したのです。それが巫女の一形態としてのイタコへと変遷するのはそれほど不思議なことではないでしょう。

遠隔的ではない文化

こうした声と身体の文化は何もそう遠い顔の話ではありません。

例えば、夏目漱石は子供の時分によく講談を聞いたといいます。
講談とは『太平記』などの軍記ものを読み聞かせることを指し、まだ識字率の低かった時代に最初は武士の戦に関する知識の習得のために、のちは庶民の娯楽でした。明治の文人はその講談を聞き、いまの講談社もその前身には『少年講談』本を発刊していた出版社でした。

特定の場において演者と見物人が場と時間を共有し、その場において互いに意識し合いながら相互作用的に行なわれる浪花節や歌舞伎や落語や平家語りや門付芸。それはテレビや映画のように、発信者と受信者の間に決定的ともいえる遠隔的な距離があるものとは、本質的に異なるはずです。

遠隔的ではないということは、つまり地域性をもちやすいといことでしょう。
実際、本書で紹介される多くの芸人は旅をしながら各地をまわっていましたが、一方でその地の観客にあわせて芸をつくりました。それは各地で異なる不均一なローカル文化の広がりをもつと同時に、旅芸人を介したグローバル性もあわせもつものです。

現代のように、一定の品質のものを、不特定な遠隔地にいる人に、数多く届けようとしている限り、情報の豊かさも、生活の豊かさも生まれないのかもしれません。一定の場に充填できる情報量などは限られているからです。あいまいさや身体的近接性を受容しなければ、コミュニケーションにおける情報量などは増やせません。

遠隔的なひろがりをもつことはできなかったけれど、旅とリアルタイム性によって、生きているその現場にそのコンテンツを直接届けることができた、本書に紹介されるようなメディアは、いまの僕らが忘れてしまっている豊かさを人びとに届けていたのかもしれません。



関連エントリー


この記事へのコメント

  • 加藤秀俊

    ご丁寧にお読みいただいてありがとうございました。ブログ検索で拝見しましたので、御礼のごアイサツです。うれしいことでした。

    加藤秀俊
    2010年08月31日 10:06
  • tanahashi

    加藤様、

    著者ご自身のコメント、大変ありがたいことです。
    とても面白く読ませていただき、加藤様の旅の足跡をたどってみたいと感じました。
    2010年08月31日 17:12

この記事へのトラックバック