適度な自信をもって継続すること

このブログを書きはじめて4ヶ月ほど経った。
ブログを書くこと自体は先に会社のブログを担当していたので違和感なく受け入れられたし、何より元々書くことには自信がある。
それは良い文章を書くとか、人に役立つことを書ける自信ではなく、書き続けることへの自信である。
そして、それさえあればなんとかなると信じていたから、今まで続けてこれた。
おかげでRSSで読んでもらってる人も何人かいるようで、相変わらず記事の内容にはこれがほんの一部の人にでも役に立つことはあるのか?不安はあるが、とにかく読んでもらえるのはありがたい。
僕自身の経験からいうと、やはりブログは適度な自信をもって継続することが大事なことだと思う。
僕はブログを何より自分の思索の場として捉えているが、その思索過程を公開することで偶然にでもほかの人の思索の触媒にでもなることがあればと思っている。
たぶん、僕ひとりの思索などから適切な解答など導かれるはずはない。これは謙遜などではなく、wisdom of crowdsを信じているから。
そのため、僕は意見の多様性、独立性、分散性を保つことがブロゴスフィアには必要だと思う。
つっこみも悪くはないが、ブロガーには独立性も維持してほしい。


この記事へのコメント

  • wataru

    こんにちは。いつも読ませていただいてます。

    書き続けることへの自信、ですか。考えなかったな~。
    定義も曖昧なままとにかくいいものを書こうと思ってたのか、アイディアや気付きがないときや、気乗りしない時は更新せずに来ていた気がします。
    もちろん義務にする必要はないんだろうと思うけど。
    「自分の思索の場」としてのブログですね。僕も自分がブログを書くことの意味をもう一度考えてみる必要がありそうです。
    2006年03月27日 09:35
  • ko-suke

    どうもはじめまして.
    rssで読ませていただいています.

    私も,とあるところで見た,”平凡の継続こそ非凡”という言葉を信じて,継続を目標にいろいろ書いていますが,
    確かに続けるっていうこと自体が何かしらを生み出す気もしている今日この頃です.
    2006年03月27日 13:48
  • gitanez

    wataruさん、ko-sukeさん、

    コメントありがとうございます。
    いつも読んでくれている人からコメントもらえるとうれしいですね。

    こういうのも継続して書いてきたからなんだろうなと思います。
    公開してるのであんまりいい加減なことは書けないけど、
    でも、あまり品質にこだりすぎちゃうと書き続けるのが大変。
    肩の力を抜いて続けていくほうが結果的にはいいんでしょうね。

    これからもよろしくお願いします。
    2006年03月27日 18:09

この記事へのトラックバック