民藝の器と料理

しばらく民藝の器と料理の写真の紹介をしていなくて、結構、たまっているので、今日は一気に載せておこうか、と。
時期的には去年末から最近までを。

では、クリスマスの1枚から。



普段に比べると、品数は多め。
クリスマスに民藝の器というのもなかなかよい。あっ、でも長い楕円のものは石垣島で買った作家ものか。

続いては、一転して、品数は1品の鍋。



使ってる鍋は、伊賀丸柱のもの。

そしてお気に入りの石見・嶋田窯の鉢を使ってるのがこれ。



沖縄・読谷焼の角皿



そして同じく読谷の丸皿。



煮物を瀬戸の深皿に、牡蠣を使った料理を益子の皿に。



富山の欅のパン皿。左端で切れている肉の乗った皿が石見・宮内窯の白い角皿。マッシュルームが入っているのは南部鉄器。
そして、地味に初登場なのは、真鍮のフォークとナイフ。最近はこれがお気に入り。



豚の角煮を小石原焼の器に、厚揚げとしいたけの煮物と、赤かぶの漬物を持った器はともに小鹿田焼。



そして、再び品数の多い日の食卓。



と、まぁ、こんな感じであいかわらず週末は民藝の器を使って料理を楽しんでます。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック