2010年03月16日

鞍馬山

3月14日の日曜日に、京都の鞍馬山と貴船神社に行ってきました。

前日の土曜日は、京都の空は曇り空ですが、この日の天気は晴天。
京阪電車で出町柳駅まで行き、叡山電車に乗換え、鞍馬駅へ。



そこから鞍馬山に徒歩で登りました。

由岐神社

鞍馬寺の仁王門をくぐって、数分坂道を登っていくと、毎年10月に行われる鞍馬の火祭で知られる由岐神社に到着。



拝殿の下をくぐって境内に入っていくと、目の前に大きな杉が階段の両脇に。
巨木マニアな僕は、こういう巨大な木を前にすると、神社に来たなという感じがします。むしろ、巨大な木や岩がないと、神社ではないようにさえ感じてしまいます。

鞍馬山の自然

そこから鞍馬寺の金堂に向かい、さらにそこを過ぎて奥宮に向かうころから、徐々に石の階段から山道へと変わっていきます。

途中には、地盤が固いために、樫や杉の原生林の根が地面の上に露出した木の根道と呼ばれる箇所もあり、そうした自然を目にし身体で感じながら歩いているだけでも楽しい。



途中で出くわす小さな滝や苔むした岩肌もよい感じ。天気がよかったせいか、この季節にしては、苔の色も瑞々しく感じられました。



鞍馬山を下山すると、途中から鴨川の源流・貴船川のせせらぎの音が聞こえてきます。
夏期には、川床で有名な貴船川の脇の路を歩いて、いよいよ貴船神社へ。

関連エントリー
posted by HIROKI tanahashi at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック