2010年03月16日

貴船神社

鞍馬山を下山したあとは貴船神社へ。

鴨川の源流・貴船川のほとりに建つ貴船神社は、古来より水の神さまとして知られています。本宮の社殿前の石垣からこ湧き出る御神水は、とてもおいしい水としても有名です。



御神水に浮かべる水占もよく知られるものです。

結婚式

当日は、貴船神社の本宮で結婚式が行われていました。
水占をやって、本宮でお参りしていると、まもなく式がはじまりますので、と声をかけられ、背後から笛の音が。

続いて、こんな行列が階段を登ってきました。



貴船神社はえんむすびの神様としても知られていますが、結婚式も行われるんですね。結構、山深いところにあるのに。

奥宮

ひとつ前のエントリー「鞍馬寺」で、巨木がないと神社という感じしないと書きましたが、この貴船神社にもしっかり巨木があります。本宮には御神木の桂と樹齢600年の欅もありますし、奥宮にも下の写真のような大木がある。
この巨木をあとにして奥宮に向かっていく、となりに車道があるために参道らしからぬ参道の雰囲気が僕は意外と好き。



本宮からさらに500メートルほど上流に登ったところにある貴船神社の奥宮は、もともと天喜3年(1055)の水害で本宮が現在の場所に遷される前は、本宮のあった場所だったそうです。

社殿の前に舞台があり、その前にさらに開けた空間がある。
そのなんだかよくわからない、だだっ広い空間が僕は好きで、だから、この貴船神社に来たいと思うんです。山に囲まれたなかに唐突に存在する開けた空間。きっとこの空間自体が神域なんだろうなと感じます。

奥宮を参った時点で、時間は午後1時前。
本宮を下ったところにある貴船倶楽部というカフェで鹿肉のハンバーグとコロッケをいただきました。

2


関連エントリー
posted by HIROKI tanahashi at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック