セミナー告知『2010年よげんの書~データから見る生活者のトレンド~』

セミナーの告知を。

今週の木曜日(11日)に、所属先の会社で『2010年よげんの書~データから見る生活者のトレンド~』と題したマーケティングセミナーを開催します。

景気が低迷するなか、「巣ごもり消費」、「ワケあり商品」、「モノを買わない若者」、「嫌消費」などといった言葉が頻繁に囁かれるくらい、消費者の生活防衛意識の高まりが話題となった2009年。こうした景気の低迷や消費者の節約の流れは、2010年になっても引き続き見られます。

ただし、消費者の節約傾向が顕著になるなか、それでもヒットした商品がなかったわけではありません。
プリウスやインサイトのようなエコカー、い・ろ・は・す、ドラゴンクエストIX、Twitter、990円ジーンズ、ウォン安韓国旅行など、売れ行きが好調だった商品・サービスは「お買い得」「エコ」「(ゆるい)つながり」といった共通点をもっていました。
こうした流れの中、2010年の消費のトレンドはどのような展開を見せるのか。

今回のセミナーでは、僕が所属する商品計画研究所・所長の大久保が講師となり、独自のリサーチによるデータをもとに2010年のトレンド予測を行います。

より詳しいセミナー概要および申し込みはこちらを参照いただくとして、興味のあるマーケティング担当者の皆様にはぜひご参加いただければと思います。

直前の告知となってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

セミナー『2010年よげんの書~データから見る生活者のトレンド~』詳細および申し込み
http://www.coprosystem.co.jp/news/release_100217.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック