2009年10月18日

2009-10-17:有田・大日窯の器

ひさしぶりに器の話題を。
ただし、いつもの陶器ではなく、今日紹介するのはめずらしく磁器。

土の温かみを感じさせる質感をもった陶器に比べて、磁器にはあまり惹かれることがありません。なので、あまり数ももっていません。
いまいち見方がわからないというところが正直なところ。それと何より大きな理由は、磁器って結構、紋様やその色に大きく左右されるところがあって、その点、いまのものってなかなかいい紋様のものに出会えなくてダメなんですね。それに釉薬の色もなんとなくこれと思うものがなかったり。

でも、そんななかでもいくつか気にいったものはあって、特にこの有田・大日窯の赤絵の鉢などは、すごくよいなと思ってます。



赤い小さな丸がはいった紋様がとてもかわいい印象。
そして、裏はこう。「大日」の文字もまたかわいい。



これは古伊万里を写したものだそうですが、いまのものには見られない紋様の良さを感じます。

同じくこちらのそば猪口よりすこし大きめのフリーカップも大日窯の一品。



写真の面は野菊を描いていますが、裏側は竹笹の紋様になっています。
そして、裏側からみると、こんな感じ。



どちらの器も、釉薬の青の色がすごくよい色で、それがすこし濁ったようなやわらかな色身の白磁の肌によくあっていて気に入っています。

そして、最後の1枚は、京都で買った江戸後期の品。



骨董のものを買うことはめったにありませんが、これは値段が手頃だったのと、京都のおみやげにということもあって購入。
やっぱり古いものはいまのものにない素朴な紋様の良さを感じます。

裏側にもこんな感じに紋様が入ったものが見つかるのが、骨董の品だったりします。



さすがに古伊万里とかは高価で手が出ませんが、磁器に限っては、現代の民藝よりもこういう無名の品でも古いもののほうがいいのかもしれません。

で、実際に使ってみると、こんな感じになります。



おなじ煮物でも陶器に盛るのとは、だいぶ違った印象になります。
こんなことを書いていたら、一度、有田を訪れてみたくなりました。
タグ: 磁器
posted by HIROKI tanahashi at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130547726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック