2009年08月27日

高千穂 2:高千穂の夜神楽

高千穂の町が暗くなった19時過ぎ。ホテルを出て、歩いて5分ほどの高千穂神社へと向かう。
まずは本殿に参拝し、そのあと、本殿の右手にある神楽殿へと足を運ぶ。
神楽殿の前にはすでに人が集まっており、ちょうど、その日の夜神楽のチケットの販売が開始されたところだった。

夜神楽・御神躰の舞
夜神楽・御神躰の舞


高千穂の夜神楽

今回、高千穂を訪れた理由のひとつがこの地に伝わる夜神楽をぜひ見てみたいと思ったことがあります。

高千穂の夜神楽は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天岩屋戸にお隠れになった際に、岩戸の前で天鈿女命(あめのうずめのみこと)が舞ったのがはじまりと伝えられるもので、毎年11月の末から2月上旬にかけて、この地方のあちこちの神楽宿で奉納されています。申楽などの原型を考えるうえでも重要な神事であり、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

夜神楽には33の番付があり、氏神を迎えた夕方からはじまって夜通し続けられ、翌日の昼前まで行われるそうです。神楽は各地区ごとに普通の民家でとり行われ、ここを神楽宿と呼び、毎年変わっていくといいます。

夜神楽・手力雄の舞
夜神楽・手力雄の舞


観光客が神楽の時期以外でも夜神楽を体験できるよう、高千穂神社境内の神楽殿で毎日20:00〜21:00で、観光神楽を奉納しています。
365日年中無休でやっているそうで、時には観客が1人ということもあるそうです。ただし、僕が観た日はそれとは逆に満員御礼。昼間に観光ガイドをしてもらったタクシーの運転手さんに19:30前には行って、最前列を確保しておくといいよと言われた通り、行動したおかげで最前列で堪能することができました。

ちなみに演目は、33番あるうちの以下の4番。

  1. 手力雄の舞
  2. 鈿女の舞
  3. 戸取の舞
  4. 御神躰の舞

最初の3番は、天岩屋戸にお隠れになった天照大御神をなんとか外に引き出そうと、手力雄(たぢからお)や鈿女(うずめ)が活躍する話。そして、もう1つの「御神躰の舞」はイザナミとイザナギが登場する少々エロティックな内容も含む舞(当日は子供も観ていたため、大人な内容の箇所はカットされていました)。

神楽という名のとおり、神と人がいっしょに遊び楽しむための舞だということが伝わってきました。いつかは33番すべてを観る機会があればよいなと思いました。

高千穂神社

さて、その夜神楽の舞台となっているのは、高千穂八十八社の総社でもある高千穂神社です。

高千穂神社
高千穂神社


創建はおよそ1800年前といわれ、日向三代の神々と神武天皇の御兄三毛入野命一族が祀られています。
国の重要文化財にも指定されている本殿以上に、境内にある樹齢800年の秩父杉が歴史を物語っていました。

高千穂神社の神楽殿
高千穂神社の神楽殿


この境内の一角にある神楽殿で、1年365日毎夜、夜神楽が行われているのです。
その継続する力は普通にすごいことだなと感じました。

続く…

関連エントリー
ラベル:夜神楽
posted by HIROKI tanahashi at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック