2009年07月10日

内藤商店の棕櫚箒

先週、京都に行った際、念願の内藤商店の棕櫚(しゅろ)箒を手に入れました。

棕櫚箒


箒なのに、どうこの美しさw。

棕櫚箒アップ


内藤商店は、京都三条大橋の近くにある1818年創業の棕櫚製品専門店。
京都の専門の職人さんの手作りの箒やタワシを扱っています。
http://www.joho-kyoto.or.jp/~sankoba/omiseyasan/naito/naito.html

棕櫚の箒は、棕櫚の樹脂が床を磨く効果があるといわれています。使えば使うほどに毛先が柔軟になって使いやすくなり、床や畳にもツヤが生まれるそうです。
普通に使っても20年はもち、長い人は30年〜40年も使う人がいるそうです。以前、「どうせ持つなら長く使えるものを」なんてエントリーも書きましたが、この箒も文句なしに「長く使えるもの」の仲間入りです。

使い始めは棕櫚の粉が出るそうなので、畳に使うのはNGとのこと。
いまのところはフローリングのみで使用中です。

 

関連エントリー
ラベル:棕櫚箒 内藤商店
posted by HIROKI tanahashi at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック