下鴨神社&銀閣寺

河井寛次郎記念館に行ったあとは、下鴨神社に。



河井寛次郎記念館で民藝的パワーをもらったあとは、糺の森の緑のあおさにパワーをもらいました。

下鴨神社

糺の森ははじめて来たけど、好きな杜ですね。神々しさがそれほどなくやさしい感じが。

それから下鴨神社といえば鴨長明。1204年、50歳の時、京都の洛北大原山に隠遁し「方丈記」を書いたといわれる方丈の庵のレプリカがありました。糺の森を流れる小川をみていると、長明が「行く川のながれは絶えずして しかも本の水にあらず」と書いたのを思い出させます。

 


それから、重要文化財に指定されている大炊殿が特別拝観できましたので、みてきました。
大炊殿は、神事などにお供えする神饌御料を煮炊きする殿舎です。



銀閣寺

その後は、京都で好きな場所のひとつ、銀閣寺に出向きました。混んでいる時期だとなかなかゆっくりみられないので、この時期の平日ならよいだろうと思って。

銀閣寺はちょうど修復中でした。

20090704j.jpg


まぁ、残念といえば残念ですが、僕はむしろ庭が好きなので足を運んでよかったな、と。

 


銀閣寺をあとにしたあとは、あじさいの咲く哲学の道を歩いて、今回の京都訪問の目的のひとつであった、あるものを買いに。それは東京に戻ってから別途ご報告。

20090704h.jpg


大阪にて。

関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック