『デザイン思考の仕事術』感想をいただきました・1

『ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術』がいよいよ来週の月曜日には書店に並びます。
並びました!

どんな風に並ぶのか想像すると、どきどきします。
まぁ、こんな風には並ばないと思いますが。



早くも感想コメントをいただきました。

その前に早くも献本させていただいたkojicozyさんから、こんな素敵なコメントをいただきました。ありがとうございます。

早速 帰りの電車の中から一気に読みました。
「はじめに」から 棚橋ワールドが満開で、魅力的な映画の冒頭を見ているかのような展開に魅き込まれてしまった。まさに「なぜ」という好奇心をそそりながら、わかりやすくその意味を解きほぐしていくプロットはさすがです。

一気に読んでいただけたということがありがたいです。
「ちょうどこういう本を待っていました、というタイミングです」というコメントもありがたかった。
kojicozyさん、本当にありがとうございます。

それから浅野先生にもブログで紹介いただいています。

名古屋から帰ったら、じっくり読みます。ありがとうございました。

一気に読んでいただくのにも、じっくり読んでいただくのにも、ぴったりの一冊ということでしょうかw

浅野先生は名古屋での日本デザイン学会への出席とのこと。なぜか僕も浅野先生の「シャッフルディスカッション」の共同研究者として名前を連ねさせていただきました。
こちらに関しても重ね重ね感謝です。

P.S.(2009-06-29)
tube graphicsの木村さんからもご紹介のコメントをいただけました。

カバーにある 自分の「脳」を外に出せ。からも分かるように
一冊丸ごと、わたしの大好きな「視点の移動」が満載でした。
これまでの自分を離れてみたい方、お薦めですよ。

これも本当にありがたいコメントです。

あとは直接本を見せた人からは軒並み、表紙のデザインや本文の文字組みは好評です。
前著『ペルソナ作って、それからどうするの?』より、表紙の雰囲気がいいとか、中身も読みやすいと評判がいいです。
編集者およびDTPを担当していただいた方に御苦労いただいた甲斐がありました。こちらもあらためて、ありがとうございましたという気持ちです。

お待ちいただいている皆さん、月曜日に書店に並ぶのをお楽しみに。どこ(書店、書棚のカテゴリー)に置いてあったよという情報もお待ちしてます。
Amazonならいまから予約しておくと、ちょうど発売日あたりに届くのではないかと思います。



関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック