2009-06-20:民藝の器にもる3

しばらく料理+民藝の皿の紹介をさぼっていたので、ひさしぶりにまとめてどどっと。

まず最初は今日の夕飯に、高山なおみさんの『今日のおかず』をみながら作った「塩豚とパプリカの鍋蒸し煮+ターメリックライス」。



皿は、沖縄・北窯のもの。ちょっと失敗したなと思ったのは、料理自体が赤、黄色、緑と色がそろっているので、皿の青はよけいだったかな、と。

次は、石見・宮内窯の長方形の皿に盛った鰯の梅煮。



最近は、この白い宮内窯の皿が気に入っていて、こんな風にも使ってます。



それから次は、益子の皿に盛った「大豆、ベーコン、かぶの塩炒め」。これも
まず最初は今日の夕飯に、高山なおみさんの『今日のおかず』をみて作りました。



益子の皿は、こんな風にソバをつくったときにも竹ざるの下に敷いて使ってたりもします。
ちなみに天ぷらがのっているのは、沖縄・北窯の皿です。



あとはこの写真で煮物をもっている縞模様の、瀬戸品野の十草紋の皿はいろんな料理を盛るのに重宝しています。



といった感じで、相変わらず民藝の皿に盛り付けるのを楽しみに、時間さえあれば、料理を作るのを楽しんでいるわけです。



関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック