2006年01月21日

ブログ記事のミームを活性化し、情報の複製を促進する3つのレシピ

文化複製子であるミームが自己複製を行うのは、利己的な遺伝子が自己複製により種の延命を図るのと同じ理由だ。
そして、遺伝子に生物という宿主が必要なように、ミームにも自己の複製のたみに適切な乗り物が必要だ。
それがブログである。

ブログという乗り物はミームにとって都合がいい。トラックバックやRSSはミームの自己複製のためにあるようなものだ。ブロガー自身はトラックバックする側もされる側も自分のために行っていると思うかもしれない。だけど、それはミームの仕業なのだ。

じゃあ、逆にこっちもミームを利用しようじゃないか。自己複製したがるミームを使って、他のブロガーからのトラックバックを集め、情報を広く浸透させよう。

ミームの自己複製を活性化しやすい(つまり他の人に引用されやすい)レシピは以下の3つだ。

1.他で手に入らない、もしくは誰よりも早く手にいれた貴重なデータを公開
2.こんがらがってきちんと紐とくのが面倒な事件などの概要をリストや図を使ってわかりやすく整理
3.クイズや簡単な診断など、参加を促す記事

他にもレシピはあるだろうけど、今日のところはここまで。
posted by HIROKI tanahashi at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック