2009年04月30日

イザナギとイザナミ

イザナギイザナミって、こんなに、おもろカップルだったんだw

「わたしのからだはよくできていますが、足りないところが一ヶ所あります」
と伊耶那美は答えました。伊耶那岐はそれを聞いて、
「わたしのからだもよくできているけれど、余ったところが一ヶ所ある。この余ったところをお前の足りないところに差し入れてふさいで、国を生もうと思うのだがどうだろう」
と聞きました。「それはいいわ」と伊耶那美はうなずきました。
鎌田東二『神様に出会える 聖地めぐりガイド』

これはもともとは『古事記』の文章です。

伊耶那美「わが身はなりなりて成り合はざる処一処あり」
伊耶那岐「わが身はなりなりて成り余れる処一処あり。故(かれ)このわが身の成り余れる処を以て、汝が身の成り合はざる処を刺し塞ぎて、国土(くに)を生み成さんと以為(おも)ふ。生むこといかん」

それをこんな風に現代語訳するとは、鎌田東二さん、good job!です。

ラベル:古事記
posted by HIROKI tanahashi at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック