製品・サービス単体としてではなく、継続的改善をベースに据えた一連のシリーズと捉えたデザイン

要求は状況のなかにある。
ある製品に対して固定の要求があるわけではないのです。

ユーザビリティに関心がある人なら理解していることだと思いますが、ユーザビリティや人間中心設計の分野では"context of use(利用状況)はキーコンセプトです。特定の製品・サービスのユーザビリティは、特定の利用者が特定の目的・利用状況に際して利用することを前提としてはじめて評価することができるといわれています。
つまり、製品・サービスに対するユーザーの要求はすべてそのコンテキストとともにあるため、そのコンテキストが存在しないところで、いくらユーザーに製品・サービスの評価を聞いてもあてにならないというわけです。



そうであるがゆえに、人間中心設計の上流工程においても、ユーザー調査からペルソナ/シナリオなどを用いて、ユーザーの利用目的、ゴールや利用状況のシーンとそこでのインタラクションを特定した上で、製品・サービスとユーザーとのあいだのインタラクションをデザインするというアプローチをとることになります。
もちろん、下流工程においてもユーザーテストを行う場合は、利用状況を捉えたタスク設計と、想定する利用目的をもった被験者のリクルートを行うことが正しくデザイン評価を行う前提となります。

このあたりは拙著『ペルソナ作って、それからどうするの?』にも書いたとおりです。

利用状況は複雑なエコ・システム

ユーザーの要求がその利用状況のなかに埋め込まれているということは、製品・サービスに求められるユーザー要求を抽出するためには、その利用状況と要求との関係のネットワークを描き出す必要があります。

ところが、それは簡単なことではありません。利用状況というのは、複数のパラメータが複雑に絡み合うエコ・システムだからです。どのパラメータをいじると、利用者の要求がどう変わるかを理解するのは容易ではありません。ましてや、それは計算によって成り立つような単純なネットワークにはなっていません。

かといって、1回、人間中心設計プロセスをまわしたところで、絡み合った利用状況と要求の関係性を解きほぐせるほど、単純でもないわけです。もちろん、1回まわせばそれなりに要求と利用状況の関係がつかめるので、HCDの利用をすすめているわけでもありますが。

誰のデザインかよりも、どういう伝統の中にあるデザインなのかが重要

結局、利用状況とユーザー要求の関係という複雑ネットワークの理解を向上していくためには、「人間中心設計プロセスとシックスシグマに共通する継続的活動の重要性」でも書いたように、人間中心設計プロセスを継続的にまわしていくことで、デザインのマネジメントをしていく必要があります。継続的改善こそがプロセスマネジメントの本来の基本となる考え方ですから。1回こっきりでどうにかしようという発想がそもそもおかしいんですね。



その意味でいうと、後継機を残せない商品はだめだし、先行モデルの後継機になれない新製品もだめだと思います。つまり、商品ひとつひとつが単品として発想されていること自体がどこか間違っていて、前を引き継ぎ後につなげるという意味でのシリーズ的な発想が必要だと思います。

一発屋的発想ではなく、積み重ねっていってナンボでしょ、って思います。遊びじゃないんだから。

1回のデザイン工程のみで、まともなものを作れるなんて考えがあまいんだと思います。昔からそんなものづくりがされてきたことはなかったはずです。過去のものづくりを伝統的に受け継ぎつつ、改善していくのがかつてのものづくりであったのだと思います。誰のデザインかなどということより、どのような伝統のながれのなかで醸成されてきたデザインなのかのほうが重要だったんだと思います。

反復デザインの本当の意味

民藝運動において柳宗悦さんが無名の工人の作を評価したのもおなじ考えによるものです。用の美ということばの意味はそこにあるのだと思います。

ユーザー要求である"用"と利用状況の関係はひとりの天才的デザイナーの腕でどうにかなるような代物ではなく、伝統的に引き継がれてきた継続的改善と利用者側の慣れや生活スタイルや生活文化の定着の双方の歩み寄りによってはじめて用と状況の蜜月関係が生まれてくるのだと思います。
それが物のデザインにも継続性もなく、提案するライフスタイルもころころ変わってしまっては、利用状況のなかにユーザーの要求を定着させることなんてできるわけないのです。用にまつわる生態系はそんなにあまいものではない。

阿部 ものをつくって提案できる国はたくさんありますが、ものをつくって生活を提案できる国はあまりない。イタリアは、たとえば家具なら家具を通して新しい生活の仕方、新しいヴィジョンを売ってきたわけです。

そういう意味で、物それ自体をつくっているつもりであるうちは、生活文化にあったデザインなんて遠い夢の話だし、そうしてデザインされたものが生活文化そのものをつくりだしていくということもないでしょう。

デザインをひとつの製品・サービス単体として捉えるのではなく、継続的改善をベースに据えた一連のシリーズとして長い年月のなかで捉えていく視点がこれからは重要になるのではないかと思います。
人間中心設計プロセスが、反復デザインのプロセスになっている本当の意味もそこにあるはずです。

 

関連エントリー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック