携帯電話のディスプレイをヨコ画面中心で考えると・・・

いまの携帯電話はタテ画面での表示がデフォルトで、ワンセグなど一部のアプリを利用する際にヨコ画面表示ができるようになっているものがありますよね。それにあわせて本体のディスプレイ部分のみをヨコ向きに回転できたり、とうぜんGUIもヨコ画面にあったレイアウトに変化します。

ちょっと思いつきレベルの話ですが、あれ、ヨコ画面がデフォルトあってもいいんじゃないかって思いました。いや、むしろ、ヨコ画面表示のみの携帯があってもいい。QWERTYキーのスマートフォンとかでなくて、通常のキーをもつフツーのケータイでも。

片手前提でなくていいのでは

実はヨコ画面だけで困ることって片手で持ちにくいことぐらいなんだと思うんですよね。そもそも電話は片手でもつことを前提にしていたから本体がタテ長で持ちやすいようになっているんだと思います。

でも、今の携帯電話の利用用途を考えるとどうなんでしょう。携帯電話で一番使われると思われるメールでも、女の子なんか特にそうですけど、両手を使ってますよね。写真を撮るのでもぶれないようにするには両手を使う。片手じゃない困るのは音声通話くらい。でも、そのときディプレイはみませんから、それがタテ向きだろうとヨコ向きだろうと関係ありません。

となると、片手で持ちやすいことを前提にする必要はそんなにないのではと思います。

もともとヨコ長のディスプレイが多い

それから、もともとテレビもPCのディスプレイはもちろん、デジカメのディスプレイにしてもヨコ長のディスプレイをもった製品のほうが多いと思うんですね。タテ長のものはそれこそ携帯電話くらいなんじゃないでしょうか。

で、その携帯電話でワンセグを見たり、写真を撮ったりというもともとヨコ長のディスプレイの製品でやっていたことをタテ長の携帯電話でやるようになった。カメラはもともとタテにしたりヨコにしたりして使うので違和感ありませんが、ワンセグとなるとタテだと画面サイズが小さくなりどうしようもなくなります。ヨコ画面表示ができる携帯電話が増えたのもワンセグ機能がつくようになってからですよね。

ただ、実はワンセグやカメラの話だけじゃなく、そもそもメールだってWebの閲覧だって、もともとPCのディスプレイがヨコ長なんだからヨコのほうがいいんじゃないかと思うんです。Webの閲覧とかだとリンクがある箇所をカーソルのフォーカス位置が移動していく形ですが、あれもヨコ長の画面でフォーカスがヨコ移動する頻度が多い方が文字を読む流れと一致して、フォーカス移動が視認しやすいんじゃないかなって思ったりもします。
そもそもヨコ長にして、もうすこし一行の文字数が多い方が文章も読みやすいでしょうし。ディスプレイがヨコ長だろうとタテ方向にはスクロールがあるので、そこは今までどおりでしょうし、タテが短くなる分、どこの行を読んでいるかの視認性も高まるかもしれませんね(想像)。

あんまりちゃんと考えてませんが、ヨコ画面をデフォルトにして困る機能ってないんじゃないかって思います。

それに画面をタテ/ヨコ切り替えるというのもそもそもどうか、と。
やっぱりキーと画面の対応付けがうまくいかないし、タテ画面表示とヨコ画面表示のアプリ連動などでどうしても途中で画面がタテ/横切り替わって使いづらいという問題も出てきてしまいます。その意味では、そもそも画面を切り替えるというのがそもそもあんまり正しい解決策じゃないとも感じてます(キーボードなしのiPhoneは別として)。

キーボードと画面レイアウトが変わる

で、ヨコ長ディスプレイを統一すると、こんな変化が必要もしくはできるようになるのかなと思いました。

  • タテ画面では通常センターキーと左右ソフトキーの3つに割り当てられた機能が、ヨコ長になることでもう2つくらいソフトキーを追加できる
  • ソフトキーが増えることでPCのファンクションキーの使い方に近い操作の割り当てがしやすくなる
  • ソフトキーをファンクションキーとして使える利点のひとつのアイデアとしては、文字入力を面倒にさせている理由のひとつである文字種の切り替えをPCのファンクションキー操作での変換と同様の操作にできる
  • 両手を使うことが前提になれば、2つのキーを同時に押すことも不自然ではなくなり、PCでのCtrl+Cでのコピーのようなショートカットキー操作を実装できる可能性が出てくる
  • 両手で持つことが前提ならタッチパネルやスタイラスでの操作もより自然に受け入れられるかも
  • ヨコ画面で両手での使用になることで携帯用ゲーム機に近い操作ができるような設計もできるし、ゲームの画面設計も通常のゲーム同様のヨコ長でできるようになる。

と、ヨコ画面にすることで、こんな利点が生まれてくるのかななんて思いました。ほかにも画面を横にすることで、いろんな新しいことが生まれてくるのかなっていう気がします。

アラン・クーパーがこんな風に言ってますけど、まさにそのとおりだなってあらためて思いました。

システムのハードウェア要素とソフトウェア要素(およびそれらの間のインタラクション)を同時にデザインすることが大切だ。そして、そのときにゴールダイレクテッド、人間工学の観点と美的観点を忘れてはならない。

まぁ、あくまで思いつきで書いただけなので、いろいろ問題点はあるはずです。くだらない思いつきでごめんなさい。
でも、本当にヨコ画面表示の携帯電話があってもおかしくないかなって気はしますね。
僕自身はワンセグとか見ないのでタテのほうが使いやすいと思うので、タテ表示をなくせという話ではないですけどね。もうちょっと携帯電話のデザインに多様性があってもよいかなという意味で。まだまだ発展途上の分野だと思いますし、いろんな新しい発想のチャレンジがあったほうがおもしろいかな、と。

 

関連エントリー


この記事へのコメント

  • taishi

    こんにちは。いつも興味深く拝読しておりますがはじめてコメントさせていただきます。

    私はiPhoneを使っていてブラウザは縦表示/横表示切り替えられるのですが、意外にも縦表示のほうが読みやすく、専ら縦にして使っています。

    やはりPCに比べるとまだ解像度が低く、文字の大きさに対して画面領域が小さいですので、横にすると表示できる行数が足りない感じがします。おそらく読んでる行より10行くらい先が見えていたほうが読みやすいということなのだと思います。

    iPhoneの解像度は320x480ですから、VGAでの横表示なら解決する問題かもしれません。ただ解像度上昇に伴って文字がどんどん小さくなるという別の問題も孕んできますが。

    個人的所感ながら、長々と失礼しました。
    2009年01月21日 10:28
  • jetdaisuke

    こんにちは
    AQUOSケータイは回転液晶で片手持ちのときでも横表示できるのがちょっと羨ましいです。僕の場合、ケータイでメール打ったりWeb見たりするのがほぼ9割方、満員電車でつり革につかまってる時なので、横型化することで両手持ちになるのであれば魅力半減かも。

    現状、iPhoneであまりYouTubeを見ないのも、強制的に横表示にされてしまうからですね。ほんとはもっと使いたいんですけどね。

    多様性はほんと必要だと思います。
    縦横にしばられず、正方形とか円形とかも。さすがに円形ディスプレイはUIも変えないといけないでしょうけど。
    2009年01月21日 12:08
  • tanahashi

    なんとなく書いたアイデアでしたが、
    いろいろ意見が聞けておもしろいです。
    アイデアのバグ出し(どこに問題があるか)にもなっていいですね、これ。
    2009年01月21日 14:05

この記事へのトラックバック