2008年○○が多かったエントリー

今年はこのエントリーを含めて、これまで338のエントリーを書いてきました(まだ書くかもしれませんが、とりあえず)。1日1エントリーには達しなかったようです。
その中から、アクセス数とはてなブックマーク数が多かったエントリー上位10ずつをそれぞれご紹介。

アクセス数・ベスト10

まずはアクセス数(ページビュー)の多かったエントリーのベスト10から。5位まではそうだろうなと思うものがランクインしていますが、それ以外は、へーと思うエントリーも。
ちなみに1位のアクセス数は、2位と比較すると約2.5倍、10位と比較すると約5.2倍です。100位と比べるとほぼ20倍のアクセスがあります。書く僕の側からみると、どれも同じくらいの力と思いで書いたエントリーなんですけどね。

  1. 自分は粘り強さ、継続性が足りないなと感じる人のための3つの処方箋
  2. 質問ができる人/できない人
  3. PR下手で損してる人(たち)に贈る日々のPRを続ける5つのコツ
  4. 冬休みの読書におすすめする16冊の本
  5. プロジェクトをデザインする
  6. なぜ量が質を生み出す可能性を持っているのか?
  7. 自分は引き際の良さ、時機の見極めができてないなと感じる人のための3つの処方箋
  8. 机のうえを整理できない人は頭のなかの整理もできないとはいうけれど
  9. どうせやるなら一流を志そう。
  10. 「わかる」ためには引き出しを増やさないと

はてなブックマーク数・ベスト10

次ははてなブックマーク数の多かったエントリーのベスト10。5位くらいまでは似てますけど、それ以下は意外と違うものですね。こっちのランキングだとなんとなくライフハック風のエントリーが人気なのかな? あるいは、リスト的な要素があるエントリーでしょうか。そんなにみんな、まとめ系がすき?

  1. 自分は粘り強さ、継続性が足りないなと感じる人のための3つの処方箋
  2. プロジェクトをデザインする
  3. PR下手で損してる人(たち)に贈る日々のPRを続ける5つのコツ
  4. 冬休みの読書におすすめする16冊の本
  5. 質問ができる人/できない人
  6. なぜ量が質を生み出す可能性を持っているのか?
  7. 失敗を恐れ、労を嫌って、何を得ようというの?
  8. 自分は引き際の良さ、時機の見極めができてないなと感じる人のための3つの処方箋
  9. ウェブ人材として育つための3姿勢+5つの実践(後編)
  10. ウェブ人材として育つための3姿勢+5つの実践(前編)

検索キーワード・ベスト10

ちなみにエントリーのランクではありませんが、検索キーワードの上位10位はこんな感じです。だから、どうだってことはないですが、なんとなくね。

  1. フレームワーク
  2. 費用対効果
  3. ideo
  4. design it
  5. 神経経済学
  6. クリエイティビティ
  7. webマスター
  8. 棚橋弘季
  9. タクソノミー
  10. アウトプット

「フレームワーク」の検索件数は、10位の「アウトプット」の約4.7倍、100位の「敬意」の約16.7倍です。

この10位までのなかでは「費用対効果」がダントツで直帰率が高い!95.72%です。ほぼ直帰。90%を超えるのはこれぐらい。お求めになっているものとは違うんですね。まぁ、そうでしょう。
逆に直帰率が低いのは「棚橋弘季」(48.75%)と「design it」(56.76%)。まぁ、これも指名されてるわけだから、当然かな。
50位まで含めると「ペルソナ マーケティング」(55.77%、20位)、「ucd」(55.26%、35位)、「ファブラボ」(53.59%、40位)、「ペルソナ シナリオ 手法 」(53.53%、46位)なんてあたりが直帰率50%台で健闘。

今年も多くの方に読んでもらったおかげで、こういう結果もあるというもの。ありがたいですね。来年もまた1日1エントリー前後のペースで続けていけたらいいなと思います。

2009年もDESIGN IT! w/LOVEをご愛顧のほどを。


この記事へのコメント

  • 課長007

    「はてなーはまとめがお好き」に一票です

    2008年12月31日 12:08

この記事へのトラックバック