マインドマップ FreeMind

僕は普段、頭の中の整理をする際はマインドマップ・ツールのFreeMindを使っている。
企画書の構成などをまとめるのに便利。
もちろん、マインドマップだけでは他人に見せる企画書にならないので、あくまで企画書に必要な構成要素を整理するのが目的。
作ったマインドマップは企画書の目次となる。
マインドマップは手書きでも書けるが、FreeMindのようなツールを使うと後でノードの組み変えができるので便利。

基本的にマインドマップは思考・アイデアをイメージしやすくするツール。最初からきちんとまとめようとするより思いつくまま、ノードを展開したほうがいい。
とはいえ、まったくの白紙から思考を展開させるのも面倒な場合は、最初のノードにある程度、既存のフレームワークを使うとよい。
例えば、5W1H、マーケティングの4P、AIDMAの法則、DMAICなど。考える内容によって使えるものはいろいろある。
思考を視覚的に階層構造化しながら展開するマインドマップによる頭の整理は、ただぼんやり考えるより遥かに効率よく思考をまとめられるはず。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック